最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

ブログ記事アーカイブ

2016年12月27日

釧路に太鼓を根づかせた先駆者、逝く

 「やれやれ、今年も残すところあと10日足らず」と、暮れの片付けを始めた22日、北海道から思わぬ訃報。昭和42年に釧路市で「北海道くしろ蝦夷太鼓保存会」を創設時メンバー塚原茂夫さんが亡くなられたとのこと。折も折、北海道では12月にしては未曾有の大雪とのニュースを横目に見ながらも、言葉に尽くせないほどお世話になった塚原さんに香華をたむけずにはおられぬと23日朝、釧路行きの飛行機に。道々、思うのは塚原さんの大きな功績で、市役所職員を務めるかたわら警察音楽隊の指導に並々ならない情熱を燃やされたこと、多くの高校で太鼓指導をされたこと、いち早く太鼓曲の楽譜化に取り組んで太鼓音楽の普及に尽力されたこと、さらにオペラ曲の作曲で知られる水野修好先生の曲を蝦夷太鼓のレパートリーにできたのも、音楽に深い造詣があった塚原さんがおられたからこそなど、数え挙げればキリがないほど。幸い通夜の席に間に合い、塚原さんをしのぶ釧路の皆さんとも再会でき、昔語りに花が咲いた一夜。北海道の太鼓文化に確かな足跡を残された塚原さん、享年83歳。どうかやすらかにお眠りください。心よりご冥福をお祈りいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asano.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/10039

コメントする

| コメント(0) | トラックバック(0)