最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

月別アーカイブ

2018年1月 6日

思い新たに2018年の幕開け

 

 0106.2018.a.jpg

(御誕生寺カレンダーより)

 

 2018年明けましておめでとうございます。どなたさまも穏やかな三が日を過ごされたことと思います。

 毎年、年頭に「今年の言葉」を定め、それを指針に一年間の行動を律していますが、今年の言葉は「無為自然(むいじねん)」。すなわち、あるがままに自然に、何が起こっても決して騒がず、冷静に判断できる一年でありたい。そんな境地で、今年もたくさんの皆さんと少しでも太鼓文化の発展のために力を尽くしていきたいと考えていますので、どうかよろしくお願いいたします。

  すでに愛読されている方々も多いことでしょうが、昨年12月6日から、読売新聞朝刊の「時代の証言者」というコラムで、林英哲さんの現在までの軌跡が連載の読み物という形で掲載されています。このコーナーは、それぞれの分野で一つの時代を築いた人物を、生い立ちから現在に至るまでその思いや活動などを詳しく追っているもので、太鼓界では初めて英哲さんが登場しました。ここでは英哲さん個人の人生を軸に、背景として日本の太鼓文化そのものの成り立ちも描かれているので、ぜひともたくさんの人々に読んでいただきたいと思います。このところ、たくさんのソリストの皆さんが名乗りを上げていますが、どこに目標を定めるのか。何を目ざすのか。そこが明確ならば、将来きっと英哲さんのように大成するのではないでしょうか。 

 そんな希望を膨らませつつ、今年も佳い一年となりますよう願った年の初めです。

| コメント(0) | トラックバック(0)