最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

ブログ記事アーカイブ

2018年1月21日

新年の舞台に新たな時代の風を感じる

 年の初めのご挨拶に社員全員で白山比咩神社に初詣、帰社して威勢よく初荷を見送り、新年会で今年の意気を高めた1月5日。6日からは通常営業となり、また忙しい一年が始まりました。各地で新年にちなんだ太鼓コンサートも多く、できる限りスケジュールをやりくりしてお邪魔したのですが、中でも印象的だったのは、神戸市で開催された「神戸国際taiko音楽祭」。

0121.2018.a1.jpg

 長く所属した団体から独立した木村優一さんがプロデュースと演奏を手がけ、「伝統」という概念にとらわれず、太鼓を広く「音楽」ととらえた新しい試みのコンサート。2000人収容の神戸国際会館大ホールは満席の大盛況で、太鼓文化に新しい風が吹き始めたことを実感。かつて木村さんと同じ舞台に立った山田純平さんも現在は愛知県西尾市で独自の取り組みを立ち上げ、今年はなにやら幸先の良い予感。2月も国内外の各地で多くのコンサートがあるので、それぞれ精いっぱい応援しながら時代の流れを読み取っていきたいものです。

  なお、九州を拠点に強烈な個性で特別の存在感を示し続けている長谷川さん、一日も早く回復され、また痺れるような「男の太鼓」を聴かせてくれる日を楽しみに待っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asano.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/10313

コメントする

| コメント(0) | トラックバック(0)