第三回


林英哲杯


太鼓楽曲創作コンクール


本選出場曲決定!


《企画主旨》

現代日本の太鼓音楽表現を切り拓いて来た第一人者、林英哲が、良質な太鼓音楽を世界へ発信するため、日本の太鼓界初の試みとして、作曲と上演形態を含めた表現全体をひとつの創作作品ととらえる、というかつてない視点で意欲的な創作作品の創造を広く呼びかけ、新たな時代を担う人材の発掘と育成を目ざします。

第三回林英哲杯太鼓楽曲創作コンクール本選出場曲

4月23・24日に東京で開催した第三回林英哲杯太鼓楽曲創作コンクール一次審査(映像審査)において、林英哲の厳正な審査の結果、次の個人・団体の皆さまの作品が本選に進出することになりました。

独奏部門一般の部

 太鼓ブギ喜八
榎本 和文(埼玉県)
 万華響
溝端 健太(兵庫県)
 八百万
溝端 健太(兵庫県)

独奏部門青少年の部

 凮鳴(ふうめい)
高井 皓太郎(兵庫県)
 日ノ出
三好 悠斗(大阪府)
 蛍火
土田 純平(岐阜県)

団体部門

 風
だげきだん(東京都)
 わいた
和太鼓集団響屋(香川県)
 稲妻
輪島・和太鼓 虎之介(石川県)
 天龍
大太坊(長野県)
 双竜
和太鼓-欅-(岐阜県)
 
 
 
 
※一次審査に応募されたすべて皆さまへの林英哲からの講評は、5月下旬ごろに郵送いたします。

《第三回林英哲杯太鼓楽曲創作コンクール 本選》

2018年7月21日(土)
白山市松任学習センター(白山市古城町305/電話076-274-5411)
開演13時30分  <開場13時00分>

和太鼓演奏の第一人者林英哲による厳しい一次審査をくぐりぬけた独奏部門作品と団体部門作品の実演を間近でご覧ください!

◎ゲスト 木乃下 真市(津軽三味線)

◎全席自由
  一般前売/1,000円 当日/1,500円 高校生以下前売・当日とも/500円

◎チケット取り扱い
  太鼓の里体験学習館 076-277-1721
  石川県立音楽堂チケットボックス 076-232-8632

◎お問い合せ
  林英哲杯太鼓楽曲創作コンクール事務局
  白山市福留町586(一般財団法人浅野太鼓文化研究所内)
  電話.076-278-5170/FAX.076-278-8183

第三回林英哲杯太鼓楽曲創作コンクール 作品募集

《募集要綱》

◎作品募集期間
2018年2月1日(木)~4月16日(月) 必着
◎応募資格
2018年7月21日(土)の本選に創作作品の上演ができる個人または団体で、国籍、性別、プロフェッショナル、アマチュアの別を問いません。
◎審査日程
一次審査(映像審査) …… 2018年4月20日~4月25日
一次審査結果発表 …… 5月上旬以降郵送にて応募者に通知
本選審査(実演審査) …… 2018年7月21日(土)
会場/白山市松任総合文化会館(石川県白山市古城2)
◎審査部門
【独奏作品部門】……独奏のための創作太鼓作品
  <青少年の部>  18歳以下
  <一般の部>   19歳以上
【団体作品部門】……合奏のための創作太鼓作品
  <作曲者は15歳以上(2003年2月1日以前に生まれた人)、演奏者は12歳以上(2006年2月1日以前に生まれた人)の10人までの鼓手による合奏>
※いずれの部門も、大太鼓、締太鼓、複数太鼓セットなど、日本の太鼓を用いた団体用創作曲で、実際の演奏表現も含めて『作品』として審査します。譜面化でき、再現性のあること(即興部分を含んでもよいが、著しく一回性の演奏に偏ったものは不可)。
◎審査員
林 英哲
◎応募方法
独奏部門または団体部門の応募部門を明記の上、氏名または団体名・住所・電話番号を添えてハガキ、メール、FAXなどで事務局に資料を請求してください。折り返し詳しい募集要項と応募受付票をお送りしますので、必要事項を記入した応募受付票と撮影した動画の記録媒体(USBメモリー、DVD)などを事務局にご送付ください。(記録媒体は審査後の返却はいたしません。)
◎本コンクールの特徴
  • 全応募作品は、すべて林英哲自身が審査し、一次審査結果とともにすべての応募作品についての林英哲からの作品講評をお送りいたします。
  • 本選審査においても同様に林英哲一人が審査し、実演終了後に林英哲による全体講評と審査結果発表・表彰式を行います。また参加作品のすべてについての個別の審査講評(作品ならびに参加者に対してのアドバイスを含めて)や、林英哲の考える「あしたの太鼓打ちへ」向けての特別ワークショップを行います。
◎主催
一般財団法人浅野太鼓文化研究所
◎後援
石川県 白山市 白山市教育委員 白山市文化協会 北國新聞社 FM-N1 エフエム石川
◎協力
有限会社遙[ハル] dIMAGINE
◎協賛
金沢舞台 オトムラ ホクスイ ハイテクス工業 グランドホテル白山 ヨシダ印刷株式会社 ユニークポジション
株式会社浅野太鼓楽器店 浅野太鼓祭司株式会社
 

《林 英哲プロフィール》

11年間のグループ活動後、1982年太鼓独奏者として活動を開始。1984年初の和太鼓ソリストとしてカーネギー・ホールにデビュー、国際的に高い評価を得た。2000年ドイツ・ワルトビューネでベルリン・フィルと共演、2万人を超える聴衆を圧倒させた。ジャンルを超えた世界のアーティストやオーケストラと共演しながら、日本から世界に向けて発信する新しい『太鼓音楽』の創造に取り組んで魅力を提示し続け、国内外でますます活躍のフィールドを広げている。2017年はソロ活動35周年を迎え、10月13日サントリーホールで記念公演開催。著書に「林英哲 太鼓日月」(2012年講談社)、増補新装版「あしたの太鼓打ちへ」(2017年羽鳥書店)。97年芸術選奨文部大臣賞、01年日本伝統文化振興賞、17年松尾芸能賞大賞を受賞。東京藝術大学客員教授。筑波大学大学院非常勤講師。http://eitetsu.net

《ご応募・お問い合わせ》

林英哲杯 太鼓楽曲創作コンクール事務局
一般財団法人浅野太鼓文化研究所内
〒924-0051 石川県白山市福留町586
TEL.076-278-5170 FAX.076-278-8183
E-mail concours@asano.jp