最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

ブログ記事アーカイブ

2016年10月31日

若者たちの成長が嬉しい舞台

 

1031.2016.1a.gif

 6日、東京の読売ホールで、神戸の木村優一さんのコンサートがありました。木村さんといえば今から23年前、JTのコマーシャルで林英哲さんが作曲した「七星」を演奏したのが初めての出会いでした。「七星」を打つ大太鼓の打ち手の一人として、「和太鼓松村組」を立ち上げたばかりの松村公彦さんに声をかけると、松村さんは当時まだ高校生だった木村さんと上田秀一さんも一緒に出演できるなら参加させてもらうという返事。もちろん3人一緒に出演していただいたのですが、師と教え子の強い絆に感動したものでした。

 以後、木村さんも上田さんも太鼓打ちとして大きく成長。今はそれぞれに自分の道をみつけて活躍されており、木村さんは「太鼓オルケスタ」と名づけた太鼓と洋楽器のオーケストラに独自の演奏形態を確立されたようです。16日のコンサートでは、太鼓と洋楽器のアンサンブルが華やかな音色を奏で、なんとも楽しい2時間。思いきって東京の会場を選んだという演奏活動25年の節目の公演は、実り多いものがあったようです。

 一方、映画と同時上演されることで話題になった中村勘九郎さん主演の舞台「真田十勇士」に、元「大阪打打打団」メンバーの小島功義さんが太鼓で出演。ご案内をいだいて劇場を訪れると、なんとステージ中央でスポットライトを浴びた大太鼓と桶胴・締太鼓のソロで幕開け。いっきに興奮した観客を前に、今人気絶頂の若手俳優たちによるストーリーが展開するのですが、随所に太鼓のシーンが組み込まれ、大活躍の小島さん。十勇士を鼓舞するような太鼓の響きが、ひとしお物語の臨場感を盛り上げていました。

 木村さん、小島さん、どちらの舞台も素晴らしく、またここに至るまでの道のりのご苦労も想像できるだけに、客席の拍手が自分のことのように嬉しかったステージ。これからも楽しみにしています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asano.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9996

コメントする

| コメント(0) | トラックバック(0)