since1609
HOME > 商品情報 > 太鼓

獅子頭・加賀獅子

獅子舞に使う頭で、五穀豊穣の祈りや悪魔・厄災を祓い清めるとされています。
一匹獅子や三匹獅子など獅子舞の形式や地域によって形状に微妙な差異があり、材は激しい動きにも対応するよう木材の中でもっとも気乾比重の軽い桐を主流としています。
  • サイズ / 価格

    種別 仕上げ 寸法
    加賀獅子 朱塗り 1尺(30㎝)
    1尺1寸(33㎝)
    1尺2寸(36㎝)
    宇津(雄) 朱塗り 7寸(21㎝)
    8寸(24㎝)
    9寸(27㎝)
    1尺(30㎝)
    1尺1寸(33㎝)
    1尺2寸(36㎝)
    1尺3寸(39㎝)
    権九郎(雌) 朱塗り 7寸(21㎝)
    8寸(24㎝)
    9寸(27㎝)
    1尺(30㎝)
    1尺1寸(33㎝)
    1尺2寸(36㎝)
    1尺3寸(39㎝)
    ※寸法は後ろあごの幅を基準にしています。
    ※価格は別途お見積いたします。お問い合わせください。
    修理承ります。お問合わせください。(価格は別途お見積。)
  • あなたに馴染むバチ選び

    一般的に、ソフトな音を出すには軟らかく太めのバチを、シャープな音を出すには硬くてやや細めのバチを使用します。
  • バチ オーダーメイド

    もっとも硬いのはカシ材で、軟らかく手に馴染みやすいのはヒノキです。 各種1組よりオーダーメイドにてバチをお作りしております。
  • 組太鼓

    ご予算や人数などに合わせ、さまざまな組み合わせをすることができます。
株式会社浅野太鼓楽器店(新響館)
石川県白山市福留町587番地1 Tel.076-277-1717 Fax.076-277-2228店舗詳細
浅野太鼓 オンラインショップ
http://www.asano.jp/shop/