林英哲杯 太鼓楽曲創作コンクール

◎企画主旨 現代日本の太鼓音楽表現を切り拓いて来た第一人者、林英哲が、良質な太鼓音楽を世界へ発信するため、日本の太鼓界初の試みとして、作曲と上演形態を含めた表現全体をひとつの創作作品ととらえる、というかつてない視点で意欲的な創作作品の創造を広く呼び掛け、新たな時代を担う人材の発掘と育成を目指します。

「林英哲杯 太鼓楽曲創作コンクール」について
林英哲

 たった一人の審査による創作太鼓楽曲コンクール、という世にも稀なコンペティションが生まれることになりました。
日本の太鼓楽曲を「創作」する、というようなことは、地域伝統の側から見ればあり得ないことですが、私はこの道を歩き始めた45年前から、ずっと「創作」をしてきました。
 日本各地の地域限定芸能だった太鼓芸を、時代や世界や音楽の視点から見直して、もっと大きく解き放つことができるのではないか、ということを考え、各地で、各芸能を学び実践し、具体的には舞台用の「楽曲をつくり」「演奏する」のがずっと私の仕事でした。
 「楽曲」や「演奏」という言い方も、太鼓を打つ行為の表現としては違和感を持たれ続けた道のりで、現在でもそれはあまり変わっていません。ただ、時代がめぐり、日本の太鼓も世界中に伝わり、表現も玉石混交の繚乱の時代、飽和の時代になり、ではこの先何をすべきか、という時節が到来し、この創作コンクール誕生につながりました。
 お話を頂いた時、単なる打ち比べではない、作品としての表現をどう形にしているか、曲の発想や打法の工夫や、音の選び方や姿勢や肉体訓練や、それらが統合されたまだ見ぬ優れた作品、才能に出会いたい、という思いがわき、お引き受けすることにしました。
 私一人が審査するわけですから、極めて独善的で偏った極私的なコンペティションですが、同調者が少なかったとしても、この場が、私が歩いたように次代を切り拓く者たちへの希望と飛躍の窓となるよう、心を尽くして審査したいと思っています。
意欲ある作品の応募を楽しみに待っています。

第二回林英哲杯太鼓楽曲創作コンクール 作品募集!

◎作品募集期間 2017年1月16日(月)~4月14日(金)必着
◎応募資格   2017年7月17日(祝月)の本選に創作作品の上演ができる個人または団体で、国籍、性別、プロフェッショナル、アマチュアの別を問いません。
◎審査日程  一次審査(映像審査) 2017年4月20日~4月25日
       一次審査結果発表   5月上旬以降郵送にて応募者に通知
       本選審査(実演審査)  2017年7月17日(祝月)
◎審査部門
【独奏作品部門】……独奏のための創作太鼓作品
   <青少年の部>  18歳以下
   <一般の部>   19歳以上
【団体作品部門】……合奏のための創作太鼓作品
   <15歳以上の10人までの鼓手による合奏>
※ いずれの部門も、大太鼓、締太鼓、複数太鼓セットなど、日本の太鼓を用いた団体用創作曲で、実際の演奏表現も含めて『作品』として審査します。譜面化でき、再現性のあること(即興部分を含んでもよいが、著しく一回性の演奏に偏ったものは不可)。

◎ご応募・お問い合わせは
林英哲杯 太鼓楽曲創作コンクール事務局  
    一般財団法人浅野太鼓文化研究所内
  〒924-0051 石川県白山市福留町586
  TEL.076-278-5170 FAX.076-278-8183
E-mail concours@asano.jp