最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

アーカイブ

2018年6月16日

若い社員の研さんに、心からエールを

 北陸も数日前に梅雨入りした模様。とはいえ邪魔になるほどの雨もなく、比較的過ごしやすい今日このごろ。工場では若い社員4人が毎朝、カンナ研ぎの修業。カンナ研ぎは、木工にたずさわる者なら、基本中の基本。始業前のひと時、先輩に叱られながらも懸命に技術を習得しようと頑張っている姿を見るにつけ、こうした日々の研さんの積み重ねが、やがて大きな力になっていくことを確信し、頼もしく思いながら見守っている専務です。

 /2018061602.jpg  /2018061601.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年6月 4日

心に残る5月のあれこれ

 水の無い月と書いて「水無月(みなづき)」。古くは「「田水之月(たみのつき)」または「水の月」といわれ、田んぼに水を注ぐ月という意味だそうです。その3日は日曜でしたが、社員全員がそろって我が社の創業409年式典を行い、ここまで、そしてこれからも太鼓づくり一筋の道を歩めることに深い感謝を捧げた一日でした。

 さて、5月は6日に長崎の「深江太鼓」の代表として永年奮闘されながら、惜しくも8年前に他界された岩永和昭さんのご子息の結婚式、8日に奈良の薬師寺で現在大改修のまっただ中にある東塔の「心柱式」の立ち会い、12日中津川の明治座で「藍」のコンサート、13日愛媛県西伊予市で「愛太鼓フェスタ」、19日都内有楽町で「TAO万華鏡」のコンサート、21日は高野山東京別院での「日本伝統職人技術文化会」総会、26日は熊谷市へお世話になった方の「葬儀」に参列、さらに31日は(公財)日本太鼓財団のチャリティコンサートと、多くの行事にお邪魔しました。ことに薬師寺の心柱式は500年に一度の希有な機会にして、そうした席にお招きいただき、本当に有り難いことでした。また日本太鼓財団のチャリティコンサートでは、石川県輪島の「御陣乗太鼓」が出演。その鬼気迫る演奏ぶりにあらためて打芸のすごさを見せつけられました。日頃から何かと交流のあるメンバーですが、鬼面をつけて一歩舞台に上がると、同時に気持ちも鬼となり夜叉となり、ひたすら太鼓に己をぶつけて無心に桴をふるう。まさに見る者の魂を揺さぶるとはこういうことかと、しばし見入ったひと時。そして最初の一打から「カーン」と強靱な高音を放った我が社製の太鼓。彼らのために渾身の力をこめて太鼓を作らせていただいたことに、今あらためて感謝の思いが募ったものでした。

 2018060407.jpg岩永ご夫妻

  2018060408.jpg薬師寺 東塔 心柱

 2018060409.jpg御陣乗太鼓面(たいころじいno31抜粋)     

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年5月 7日

時移りて ~No.2~

 世間はゴールデンウイークのまっただ中。日本列島はまさに民族大移動の様相。私も結婚式に招かれ、これから長崎に旅立つところですが、そのつれづれに太鼓の昔語りを少々。

 4月13日のブログで、1950年代ごろ我が家に出入りしていた太鼓打ちのことを書きましたが、やがて時移り1960年代。戦後経済は完全に立ち直り、世は「所得倍増」のかけ声のもと、さらなる経済成長に突進。同時に地域活性化策として空前の観光ブームが巻き起こり、ここ石川の加賀温泉郷にも連日大型バスの観光客。迎える各旅館では余興として太鼓を用意し、「加賀太鼓」を披露。1尺5寸の長胴と2尺5寸の長桶を組み合わせた加賀太鼓の人気はうなぎのぼりで、当時の花形の演し物であるストリップと人気を二分。北陸に伝わる打法を駆使し、さらに見せ方や口上も研究して宴席を盛り上げ、今に残る「三つ打ち」の原点を確立。テレビ局や有楽町の日劇に出演した際は、私も同行したことが懐かしい思い出です。

0507.2018.a2.jpg

 さらに時進み、強烈な思い出となっているのが、北海道の大場一刀さん。通常、太鼓セットは数個の太鼓をドラムセットのように半円状において打つのが、大場さんは横一列に7個並べ、バチを交差しながら順繰りに打っていく「渡り打ち打法」を考案。私にとっては、まさに驚異のその打ち方はたちまち北海道の人々を魅了し、「北海太鼓」として浸透。後に、北海自衛太鼓創立の基となった。太鼓とともに歌もプロ級の大場さんはキングレコードからLPレコードを出し、さらにテレビの「笑点」にもひんぱんにゲスト出演。ともかく、やることなすことが型破りの太鼓打ちでしたが、惜しくも 平成9年に他界。私には今も忘れがたい太鼓打ちの一人です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年4月22日

さまざまな形で未来に続け、太鼓、太鼓

 新年度がスタート。うららかな春のある日、ヒダノ修一さんの息子さんの一彩くんと、林田ひろゆきさんの息子さんの高橋ルークくんが、偶然、我が社で鉢合わせ。二人の親はともに「東京打撃団」の元メンバーで、現在は独立されてそれぞれの道でご活躍中。そして一彩くんとルークくんはともに20代の若手太鼓演奏家。 そのルークくんも出演した千葉県の「成田太鼓祭」は4月14・15日の二日間。今年は会場である成田山の開基1080年御開帳記念と成田国際空港開港40周年、さらに成田太鼓祭の第30回記念大会という、めでたさ3倍の祭りとなり、出演団体も過去に例を見ない豪華65チーム。成田山新勝寺境内での合同演奏「千願華太鼓」には悲願の1080人参加を達成しました。30年前、発端は成田市観光協会会長の木下善貴さんが成田市活性化の手段としてスタートしたイベントで、太鼓関連イベントの中でも顕著な成功例として挙げられるべき祭り。一つの太鼓のありようを示すイベントとして大きく成長したと言えるでしょう。涙を浮かべながら感謝の言葉を述べる木下さんや、中心となって奔走された千葉県太鼓連盟の宮崎さん、越川さんの姿を見るにつけ、私も微力ながらお手伝いできたことを心から嬉しく思いました。

0422.2018.a2.gif 0422.2018.a1.gif

 さて、昨20日は、全社員参加で能登半島の「あさの山」の枝打ち作業を実施。2003年から植林事業を開始したケヤキ群はまだまだ幼い樹形ながら、100年、200年後には、きっと太鼓をつくれるほどに育ってくれることでしょう。そんな私の思いに手を貸して作業に励む社員のみんなに、あらためて「ご苦労さまでした!」。

0422.2018.a31.gif 0420_2018_a12.jpg 0420_2018_a10.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年4月13日

若者を迎えて、遠い日を振り返る

 

 4月に入り、いろんなことに「新」がつく時季。我が社にも「新」がつく社員が2人入社し、なんとなく社内全体の雰囲気が若返ったような感じがしています。自分にもこんな時代があったんだなあ、と、ふと昔を振り返ると、今から60年間、まだ小学生だった時分のことを思い出しました。

 

0413.2018.a1.jpg  0413.2018.a2.jpg

 当時、我が家にはつねに太鼓打ちが出入りしていました。片山津、粟津、山代、山中、芦原など、温泉街でお座敷太鼓を打っていた人たち。中には「太鼓で家を建てた」という猛者もいて、すでに「太鼓打ち」というのが一つの職業として成り立っていたのです。そのお座敷太鼓の原点は、なんといっても大バイ、小バイの妙。とくに心に残っているのは、山下豆腐店のじいちゃんと、福井の玉村武さん、下村さんのじいちゃん(1970年代のおんでこ座の名曲と言われている三国幻想曲指導)、高山さん、大野市の山田さん、いずれも根っからのひょうきん者で、「太鼓ならなんでもござれ」の名人級。小バイの妙である、五分五分、七三、六四、すりバチ、いっそくバチ、押しバチ、ずりバチと、あらゆる打ち方がお手のもの。子供心にも「カッコいいなあ」と憧れたものでした。そんな巧みなバチ使いも今はほとんど途絶え、ただ一人継承しているのが福井の車屋正昭さん。今も世界中から技を学ぼうと道場に多くの外人さんが来道されています。北陸に受け継がれたその伝統の技が、今後も若い世代に伝わっていくことを願うばかりです。そのためにも、これからは、少しずつ昔を振り返り、ここで皆さんにお伝えしていけたらと思っています。どうぞよろしくお願いします。0413.2108.a4.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年3月31日

年度末にアルゼンチンで太鼓事情を見聞

 3月もいよいよ今日で締日、同時に今日は多くの事業所が年度末を迎え、何かと慌ただしい一日を送られたことと思います。皆さんの本年度の業績が嬉しい結果となりましたことを願うばかりです。

 さて、この忙しい中をあえて、先週、アルゼンチンに旅してきました。というのも、5年前にロサンゼルス州トーランスにUS.ASANOをオープンした際、熱心にワークショップに参加してくれたアルゼンチンのあごヒゲの青年がいました。その彼、ガストンさんがその後日本に留学することになり、茨城のつくば大学で地下鉄工学を勉強。その間も太鼓について幅広く見聞し、各地のコンサートにもマメに足を運び、太鼓に対する熱心さは真似のできないほど。やがて勉学実って昨年アルゼンチンに帰国したのですが、その時にはなんと、和太鼓一式を購入され、ブエノスアイレスに太鼓道場を開きたいとのこと。また、お国で待っていてくれる人がいるので、結婚式にはぜひとのお誘い。そんな経緯により、現地の太鼓事情の視察も兼ねて渡航した次第。

0331.2018.1.jpg 0331.2018.9.jpg

真髄太鼓

0331.2018.4.gif 0331.2018.6.gif

八丈太鼓

 0331.2018.3.gif 0331.2018.2.jpg

ご両親と           7月4日通り

0331.2018.8.jpg 0331.2018.5.gif

各チームで活躍している方々    ロミナと立石雷さん

 

 結婚式や披露宴など、日本とのお国柄の違いを感じつつも楽しい滞在期間中、かつて金沢学に学んで太鼓を経験したというロミナさんや、元鼓童のメンバーで、現地の太鼓を指導している立石雷さんとお会いする機会もあり、彼らが熱心に太鼓文化の拡大に力をそそいでいる姿に感動。日本の太鼓が確実に地球全体に広がっていることを実感した旅でした。

 では、来年度もしっかり頑張って太鼓文化の向上に寄与できるよう、邁進してまいります。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年3月19日

あわただしいながらも、春はすぐそこ

 

2018031901.jpg

  春の前にもう一度大雪が降るのではと用心し、今だに冬タイヤのままでいる今日このごろ、毎年恒例の太鼓教室の発表会「今、響きが風になる」の開催。教室をスタートしてから20数年、生徒さんたちの技倆も年々向上し、練習場では毎日誰かの太鼓の響きが聴かれるようになりました。有り難いことです。松任の地にいっそうの太鼓文化が根づくお役に立てるよう、今後とも頑張っていきます! 

2018031910.jpg.jpg

 そして松任からアメリカに羽ばたいたロサンゼルス州トーランス市の太鼓の拠点、U.S.ASANOが、このほど設立5周年となりました。記念行事の一環として二日間にわたり公演が開催され、東京からは三宅太鼓のご一行が同行。現地では若者のグループ「ユニット・ワン」が演奏を披露し、アメリカ的リズム感の太鼓の中に日本的精神が表現され、新たな太鼓文化が形成されつつあることを肌で感じました。同時に現地の皆さんも三宅太鼓の力強い打ち込みを間近に目にし、和太鼓という楽器について新たな認識を持ったようにも思いました。

 

 2018031902.jpg 2018031903.jpg
US の練習風景

 2018031904.jpg 2018031906.jpg

三宅島芸能同志会のみなさん    UNITONE

 

2018031905.jpg

かつて第二期鬼太鼓座に在籍し、今では秀明太鼓の中心となっている中村浩二さんと再会。昔話に花を咲かせながら、アメリカに太鼓を広める礎として努力・ご苦労をされたお姿に、あらためて尊敬の念を深くしたひと時でした。

 

                  2018031907.JPG 折しもトーランスの隣町ATCALFORNIASTATE UNIVERSITYに、奈良の「和太鼓倭」が公演に来ているとの情報。車を飛ばして駆けつけ、目にした舞台は、大胆な企画構成の面白さ。日本とはまったく異なる客席の雰囲気にとけこみ、平然とステージを進行していることに、心から感動しました。ここでも、太鼓文化に携わっていてよかったと、深く実感。                       

   帰国して二日後、九州福岡の「TAO」の皆さんへの納品に続き、その足で福島の「飯坂温泉太鼓祭」へ。気がつけば気温も上がり、春はすぐそこの風情。まもなくの決算を控え、何か心せわしない日々が続きます。

 2018031908.jpg   2018031909.jpg 

納品風景          TAO 岸野さん・江良さんと

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年3月 7日

春浅い栃木で、どうか安らかに

 

akitoshi/0307.2018.a2.jpg

 この冬は思いがけない豪雪に見舞われたここ北陸も、弥生3月、少しずつ木々のつぼみがふくらみはじめ、生命の息吹が感じられる今日このごろです。

 

akitoshi/0307.2018.a3.jpg

 そんなある日、那須塩原から早川敬二 さんの訃報。昨年7月2日のブログでご紹介した「与一太鼓」の早川さん。いち早く太鼓に現代音楽の手法を取り入れ、藤田正典さん作曲による全5楽章からなる組曲形式の「凡神」で、長野オリンピックの開会式と閉会式で世界の人々に日本の太鼓をアピールした「与一太鼓」の初代会長。太鼓を音楽として育てた功労者であり、私には懐かしい縄文最中とともに思い出される早川さんでした。春浅い栃木で、どうか安らかに、心よりご冥福をお祈りいたします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年2月14日

真冬の東京で熱い舞台を堪能

 このところ北陸は数年ぶりの大雪に見舞われ、我が社は毎朝除雪に追われている今日このごろ、皆さんの地域はいかがでしょうか?

0214.2018.a1.jpg

 そうした一日、東京のオーチャードホールでは「TAO」の公演「ドラムロック疾風」。こちらは冷たい雪とは対照的な熱い舞台で、およそ100分のステージがあっという間。いつもながら感心するのは、観客を飽きさせない流れるような展開で、太鼓に三味線、箏、ダンス、アクロバット、映像と、さまざまな要素を詰め込んでショーアップした構成。プレーヤー個々の魅力を引き出し、聴き手の胸に何かを刻み込むような創意工夫は代表の藤高郁夫さんによるもので、タイトル通りに「疾風」が吹き過ぎるような、目に焼き付く舞台を堪能したひと時。そうした舞台に我が社の太鼓が使われていることに、大きな誇りをおぼえたステージでした。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年1月21日

新年の舞台に新たな時代の風を感じる

 年の初めのご挨拶に社員全員で白山比咩神社に初詣、帰社して威勢よく初荷を見送り、新年会で今年の意気を高めた1月5日。6日からは通常営業となり、また忙しい一年が始まりました。各地で新年にちなんだ太鼓コンサートも多く、できる限りスケジュールをやりくりしてお邪魔したのですが、中でも印象的だったのは、神戸市で開催された「神戸国際taiko音楽祭」。

0121.2018.a1.jpg

 長く所属した団体から独立した木村優一さんがプロデュースと演奏を手がけ、「伝統」という概念にとらわれず、太鼓を広く「音楽」ととらえた新しい試みのコンサート。2000人収容の神戸国際会館大ホールは満席の大盛況で、太鼓文化に新しい風が吹き始めたことを実感。かつて木村さんと同じ舞台に立った山田純平さんも現在は愛知県西尾市で独自の取り組みを立ち上げ、今年はなにやら幸先の良い予感。2月も国内外の各地で多くのコンサートがあるので、それぞれ精いっぱい応援しながら時代の流れを読み取っていきたいものです。

  なお、九州を拠点に強烈な個性で特別の存在感を示し続けている長谷川さん、一日も早く回復され、また痺れるような「男の太鼓」を聴かせてくれる日を楽しみに待っています。

| コメント(0) | トラックバック(0)