最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

アーカイブ

2017年2月24日

春近し、我が社の風景

 我が社にはこのところ、ケヤキやタモなど胴の原木が次々に入荷しています。幸い今年はどの木も質が良く、原木市場に足を運ぶのが楽しみです。これらの木から太鼓をつくり、ふたたび命をよみがえらせるには2年から3年、あるいは4年の歳月がかかりますが、そのころには東京オリンピックも開催され、願わくば晴れがましい場で鳴り響いてくれたらと胸をふくらませています。

0224.2017.a2.jpg   0224.2017.a5.jpg

           0224.2017.a1.jpg

 

 一方、工場では、岐阜県の高山祭りに使う太鼓の張り替えと彩色が順調に進んでいます。華やかな鳳凰の絵柄に取り組んでいるのは20代の若い職人で、若者の技の蓄積の旺盛なことには驚くばかり。ちょうど今年は酉年、「酉」の字にはもともと「果実が熟してきた状態」という意味があるそうで、職人の成長がますます楽しみな今日このごろです。

0224.2017.a3.jpg  0224.2017.a4.jpg

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

2017年2月 7日

映画「ざ・鬼太鼓座」に思う

 先月28日、4年前にケヤキの3尺大太鼓をお納めした栃木県小山市の須賀神社に遅ればせの初参り。冬とは思えない小春日和のあたたかな日差しを受けて、何はともあれ1月のうちに参拝が叶ったことにほっとしたひと時でした。

 その足で、翌日は東京渋谷のユーロスペースへ。1月21日から2月3日まで上映会がおこなわれている映画「ざ・鬼太鼓座」のデジタルリマスター版(最新のデジタル技術によって、鮮明で臨場感あふれる映像によみがえらせた映像)を見るためで、この日は第1回の上映のあとに、映画に登場する林英哲さんと映画評論家の山根貞男さんの対談があったからです。

 この映画はタイトルの通り、当時佐渡で活動していた鬼太鼓座(当時の名称は「佐渡の國鬼太鼓座」)の日常や演奏風景をクローズアップしたもので、制作されたのは鬼太鼓座が解散した直前の1981年。その後、さまざまな事情により今までほとんど上映されなかったのですが、監督としてメガホンをとった加藤泰さんが今年生誕百年ということで、昨年、イタリアの第73回ヴェネツィア国際映画祭クラシック部門でワールドプレミア上映が行われたのに続き、今回の上映会が開催されたものでした。

 映画の登場人物は36年前の林さんのほか、若い日の藤本吉利さんや近藤克次さん、高野巧さん、小島千恵子さん、藤本容子さん、さんなど、今も太鼓界で活躍されている皆さん。その屈託のない青年時代の姿に懐かしさをおぼえると共に、まだ「太鼓」という芸能分野のなかった時代、「太鼓で世界を回る」と鬼太鼓座を立ち上げた田耕というプロデューサーの並々ならないエネルギーと、その無謀ともいえる構想をまとめあげた島崎信さん(現在の鼓童財団理事長)、永六輔さん(放送作家、昨年死去)、宮本常一さん(民俗学者、1981年死去)による惜しみない協力、そして何よりも太鼓の訓練として「走る=太鼓」を実践した田さんの発想の独創性をあらためて実感させられました。

0207.2017.a3.gif  0207.2017.4.gif

ボストンマラソンゴールにて 

0207.2017.a2.gif 0207.2017a4.gif

1975年オーケストラと太鼓

  この映画の撮影が終わってまもなく鬼太鼓座は解散し、団員は新たに「鼓童」を立ち上げ、太鼓という芸能は「舞台芸能」として大きく成長してきました。そうした経緯を思うとスクリーンの一つ一つのシーンに特別の感慨があり、また私個人としても初めて佐渡に渡って6尺の桶胴太鼓を納めた日や3尺8寸の大太鼓を納めた日、海外公演に同行して革の締め直しをした日々など思い出し、「鬼太鼓座」という、太鼓芸能の創生期に生まれた集団にかかわったすべての人々の熱くがむしゃらな血の騒ぎが生々しく胸によみがえってきました。思えば1971年の鬼太鼓座結成の年からすでに50年近く。その歳月の積み重ねを今さらのように噛みしめた映画でした。

  0207.2017.a1.gifトラック上 高野巧さん 

| コメント(0) | トラックバック(0)

2017年1月26日

卒寿と不惑の太鼓熱に感動

 去る14日、高知市で明神宏和先生が主宰する「土佐和太鼓研究所一響館」の第11回和太鼓コンクールが開かれました。今年も高知県内の各地から集まった20あまりの太鼓チームが日頃の練習の成果を競い、たっぷりと目と耳を楽しませてくれました。それにしても明神先生のかくしゃくとしたお姿にはいつも感動。90歳になられた今も太鼓に対する情熱を熱く語り、ことに「10年間コンクールを続けてきた中、みんなが自分磨きをしてきたからこそここまで成長できた」とのお言葉に胸を打たれ、私も70歳になるのを機にあらためてこれからの10年は悔いのない自分磨きに努めようと心に誓。

0126.2017.20.jpg

 その翌週の22日は、愛知県刈谷市で羽田康次さんとひかるさんご夫妻による「和太鼓ユニット光」の誕生記念コンサート。康次さんの誕生日に毎年継続しているコンサートで、不惑を迎えた今年のサブタイトルは「一途」。約3時間におよぶ舞台は見事な演出と構成に加え、二人の呼吸の合ったアンサンブルと、ゲストとして参加した小林辰哉さん、若山和之さん、金刺敬大さん、加藤木朗さんの4人のほどよい緊張感が厚みのある空気感をかもし、素晴らしいステージとなりました。40歳にしてこの舞台をつくられた皆さんに、深く感心したひと時でした。

0126.2017.21.jpg

 前日、私事で恐縮ですが、私も古希の誕生日を迎えました。多くの皆さんからお花やお言葉等をいただき、心より御礼を申し上げます。どうもありがとうございました。これを励みに引き続き頑張りますので、どうかよろしくお願いいたします 。

 

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

2017年1月 7日

謹賀新年。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

新年おめでとうございます。
本年もご愛顧のほど、何とぞよろしくお願い申し上げます。

 0107.2017.9.jpg

  石川県の今年の正月は例年にないほどあたたかく、穏やかな新年を迎えました。風邪気味ながら、久し振りにのんびり過ごした三ケ日。そして五日は我が社恒例の初詣。全社員そろって「加賀一宮」と仰がれる白山比咩神社に参拝し、今年一年の幸いを祈願しました。

 初詣といえば商いにかかわる人なら誰でも願うのがまずは商売繁盛ですが、今年さらに大きな関心事となっているのが、まもなく本格始動するアメリカの新大統領の動向ではないでしょうか。トランプ氏という予測のつかない人物の意向次第で、日米関係はどうなっていくのか。強固な日米同盟は継続していけるのか。非常に難しい時代に突入していくような予感を覚えながら、それでも我々は一歩ずつ丁寧に仕事をしていくのみです。

 また私事としては、今年はいよいよ古希という節目の年。しかしながら、これまでに引き続いてできる限り全国の皆さまのコンサートやイベントなどにお邪魔したいと思っていますので、健康管理に留意し、体力の維持に努めていくよう頑張ります。どこかで見かけたら、ぜひお声をかけてくださるよう、楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2016年12月27日

釧路に太鼓を根づかせた先駆者、逝く

 「やれやれ、今年も残すところあと10日足らず」と、暮れの片付けを始めた22日、北海道から思わぬ訃報。昭和42年に釧路市で「北海道くしろ蝦夷太鼓保存会」を創設時メンバー塚原茂夫さんが亡くなられたとのこと。折も折、北海道では12月にしては未曾有の大雪とのニュースを横目に見ながらも、言葉に尽くせないほどお世話になった塚原さんに香華をたむけずにはおられぬと23日朝、釧路行きの飛行機に。道々、思うのは塚原さんの大きな功績で、市役所職員を務めるかたわら警察音楽隊の指導に並々ならない情熱を燃やされたこと、多くの高校で太鼓指導をされたこと、いち早く太鼓曲の楽譜化に取り組んで太鼓音楽の普及に尽力されたこと、さらにオペラ曲の作曲で知られる水野修好先生の曲を蝦夷太鼓のレパートリーにできたのも、音楽に深い造詣があった塚原さんがおられたからこそなど、数え挙げればキリがないほど。幸い通夜の席に間に合い、塚原さんをしのぶ釧路の皆さんとも再会でき、昔語りに花が咲いた一夜。北海道の太鼓文化に確かな足跡を残された塚原さん、享年83歳。どうかやすらかにお眠りください。心よりご冥福をお祈りいたします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2016年12月15日

 

1215.2016.a4.jpg

 去る9日は毎年恒例の「山祭り」。山や木にかかわる職人たちが山の神に感謝を捧げ、心願成就を祈願する日です。我が社もこの一年、大きな事故もなく過ごすこができ、新たな良い人材にも恵まれたことに感謝して、白山比咩神社の神様に深く手を合わせてきました。これからの一年も、どうぞよろしくお願いいたします。 

 さて、翌10日は大阪で「打打打団天鼓」の公演。今回は元SKDの皆さんとの太鼓×歌劇のコラボレーション。タイトルは「大阪城パラディオン(守護神)-将星☆真田幸村-」というドラマチックなもので、果たしてこれまでは音を「聴かせる」太鼓が、さらに「演じる」「見せる」という新たな表現に挑戦。華やかな舞台に、太鼓の今後のいっそうの進出を期したひと時でした。

      1215.2016.a2.jpg         1215.2016.a3.jpg

 その足で向かったのは羽田空港国際線ターミナルでの「笛フェスタ2016」。文字通り篠笛を中心としてライブイベントで、中でも狩野泰一さんの演奏はあらためて「すごみ」さえ感じさせるほどの聴き応え。まずその姿勢の美しさに見惚れ、まっすぐに立った身体の体内の気管と篠笛の管が一直線に結ばれて共鳴するような、芯の通った笛の音(ね)に鳥肌が立ちました。また金子竜太郎さんの太鼓も一見してバチが跳ねるような打ち方ながら、実はしっかりと押さえが効いている見事さに目を奪われ、それぞれの技巧の巧みさに感動でした。

 さらに翌日は亀有で「和の音スタジオめでたい」のライブ。めでたい太鼓に三宅太鼓同好会や津軽三味線もゲストに加わり、若者たちが新しい試みに打って出ようとしている心意気がひしひしと伝わってきた舞台。これからどんな可能性を広げてくれるか、楽しみがまた一つ増えた思いがするイベントでした。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2016年12月 5日

若手の活動が和太鼓文化の底上げに

 睦月、如月と始まった今年のカレンダーも、霜月を過ぎていよいよ最後の師走。毎年同じ感慨で恐縮ですが、今年も本当に早い一年でした。

 そうした中、この一年はことに若い打ち手の活動が目立ったように思います。これまで折々にご紹介してきましたが、ほかにも直近では11月、神戸の政本憲一さんが高槻市に太鼓教室「和太鼓政や」をオープン。また愛知県西尾市では山田純平さんが和楽総合芸術集団「熱響打楽」を立ち上げて、旗揚げ全国ツアーをスタート。それぞれにプロ意識をたぎらせ、新たなうねりを起こしていることは、まぎれもなく和太鼓文化の底上げとなり、まことに頼もしい限りです。

        1205.2016.5.jpg      1205.2016.6.jpg

 もちろんベテランの打ち手の皆さんも負けじとばかりに各地でコンサートやコラボレーションを繰り広げ、太鼓界を熱く燃やしてくれた一年でした。残すところあと3週間の間にも興味深いコンサートや太鼓祭があり、年末まで目が離せない状況です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2016年11月24日

薬師寺普山式で身の引き締まるような時間

 

11124.2016.a1.jpg

 20日日曜日、奈良の薬師寺にて村上太胤菅主の普山式が執り行われ、その厳かな席にお招きをいただきました。普山式とは、新たな菅主(一寺院を管掌する住職)の着任を披露する儀式で、式典にはおよそ3000人の参列者が列席されました。

 村上菅主は岐阜県各務原に生まれて9歳で薬師寺に入られ、長い間修行を積まれた功徳のあるお坊さん。にもかかわらず、まったく偉ぶったところのない気さくなご住職で、そんな人柄も多くの参列者に慕われるゆえんでしょうか。

 式典は薬師寺境内の三重の東塔・西塔と大講堂の間の広場で行われ、仏師で俳優の滝田栄氏の開式の辞に始まり、散華に続いて村上菅主が弥勒三尊像に向かって力強く決意の表白(ひょうびゃく)を読み上げました。さらにテノール歌手の秋川雅史氏の祝儀として朗々とした「翼をください」の独唱、また祝辞は春日大社宮司の花山院弘匡氏、総務大臣の高市早苗氏、奈良県知事の荒井正吾ほかというそうそうたる顔ぶれで、なんとも身の引き締まるような厳粛なひと時でした。

 式典終了後、第二部としてこれまた有り難いお話。まずは村上菅主と東大寺菅主、法隆寺菅主のお三方によるてい談。そろって龍谷大学のご出身ということで、和気あいあいと未来や希望について意見を交わし合う光景は、見ているこちらも幸せになるほど。続いて千住博氏による講話は「宇宙」と「わびさび」の関係について興味深く説かれ、心の奥にしみじみとしみ入っていくようでした。

 やまとのまほろばで、まさに一期一会の体験をしている今この時、日本に生まれたことの幸を思いながら豊かな心持ちで過ごさせていただいた3時間。周囲の皆さまのお導きにより、私のような徳の低い者がこのような晴れがましい場にお席をいただいたことの意味を思い、あらためて人の縁のありがたさを実感した出来事でした。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2016年11月 9日

それぞれの舞台にそれぞれの思い

 今月は1日に東京サントリーホールで林英哲さんの演奏活動45周年記念特別公演「風の宴2016」、5日・6日は伊勢で「神恩感謝日本太鼓祭」と、月初めから注目の太鼓公演が二つ続きました。「風の宴」では、日本で最初の太鼓ソロ奏者としてスタートして45年、ひたすら高みを目ざして登り続けた英哲さんの意地が垣間見えるような舞台で、またひとつ英哲さんらしい新しい表現を  見せてもらったような気がしました。早くも50年記念の公演が待ち遠しい心境です。

1109.2016.a1.gif

一方、今年第14回目の伊勢の太鼓祭は、二日間にわたり15団体がのべ43ステージを展開。両日とも快晴に恵まれたこともあるのか、会場のおかげ横丁一帯は例年にない賑やかさ。例年にないといえば、今年初の試みとして、「小倉祇園太鼓保存会」と「銚子はね太鼓保存会」、「レオさん」ことレナード衛藤の3団体が横丁を練り歩くという趣向で、一時は身動きもとれない混雑になるなど、どの出演団体も個性を競いあう太鼓祭となりました。中でも印象に残ったのは、レオさんと共演した3人の女性ダンサーの皆さん。研ぎ澄まされたキレの良い身のこなしに一流の人だけが持つ独特の世界観が感じられ、表現の手段は違えど、見習わなければならんと身の引き締まる思いがした1シーンでした。

  さて、今年のカレンダーは残すところあと1枚ですが、まだまだ気になる公演もあり、できる限り足を運びたいものと考えています。どこかの会場でお目にかかることがあれば、ぜひ声をかけてください。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2016年10月31日

若者たちの成長が嬉しい舞台

 

1031.2016.1a.gif

 6日、東京の読売ホールで、神戸の木村優一さんのコンサートがありました。木村さんといえば今から23年前、JTのコマーシャルで林英哲さんが作曲した「七星」を演奏したのが初めての出会いでした。「七星」を打つ大太鼓の打ち手の一人として、「和太鼓松村組」を立ち上げたばかりの松村公彦さんに声をかけると、松村さんは当時まだ高校生だった木村さんと上田秀一さんも一緒に出演できるなら参加させてもらうという返事。もちろん3人一緒に出演していただいたのですが、師と教え子の強い絆に感動したものでした。

 以後、木村さんも上田さんも太鼓打ちとして大きく成長。今はそれぞれに自分の道をみつけて活躍されており、木村さんは「太鼓オルケスタ」と名づけた太鼓と洋楽器のオーケストラに独自の演奏形態を確立されたようです。16日のコンサートでは、太鼓と洋楽器のアンサンブルが華やかな音色を奏で、なんとも楽しい2時間。思いきって東京の会場を選んだという演奏活動25年の節目の公演は、実り多いものがあったようです。

 一方、映画と同時上演されることで話題になった中村勘九郎さん主演の舞台「真田十勇士」に、元「大阪打打打団」メンバーの小島功義さんが太鼓で出演。ご案内をいだいて劇場を訪れると、なんとステージ中央でスポットライトを浴びた大太鼓と桶胴・締太鼓のソロで幕開け。いっきに興奮した観客を前に、今人気絶頂の若手俳優たちによるストーリーが展開するのですが、随所に太鼓のシーンが組み込まれ、大活躍の小島さん。十勇士を鼓舞するような太鼓の響きが、ひとしお物語の臨場感を盛り上げていました。

 木村さん、小島さん、どちらの舞台も素晴らしく、またここに至るまでの道のりのご苦労も想像できるだけに、客席の拍手が自分のことのように嬉しかったステージ。これからも楽しみにしています。

| コメント(0) | トラックバック(0)