最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

アーカイブ

2021年9月25日

若者の成長に驚きと期待!

 

0924.2021.a1.jpg

 先日、何気なくチャンネルを合わせたテレビのBS放送で、たまたま放映していたのが19789年に公開された映画「柳生一族の陰謀」。8月に新型コロナに感染して亡くなった千葉真一さんをはじめ、萬屋錦之介や丹波哲郎、志穂美悦子、真田広之など懐かしい俳優陣が登場。中でも2003年には「ラストサムライ」にも出演された真田広之さんのその後の成長ぶりに、人間はこれほど成長するものだと感動したひと時。また千葉真一さんといえば、1986年に新宿コマ劇場での「We Love JAC」公演で桶太鼓を6〜7台並べて渡り打ちをするシーンがあり、千葉さんを指導した「北海太鼓」の坂井猛志さんに誘われて公演にお邪魔したことも、今は懐かしい思い出。太鼓を愛してくださった俳優さんがまた一人彼岸に行かれたのは寂しい限りです。

 そしてもう一つ、テレビで得た情報で恐縮ですが、19日に放送されたフジテレビの「ミライモンスター」で、高校生のダンスの巧みさにクギづけ。全国ダンスコンクール優勝最多高校のダンス部員の活動を追った番組で、彼女たちの表現力や身体能力の高さは驚くばかり。ここでも若者の進化を見せつけられた思いです。そして太鼓の世界にもこうした若者たちが現れ、太鼓のバフォーマンスをさらに百歩も千歩も進化させてくれることを期待するばかりです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年9月 1日

「太鼓の泉 響和館」へ、いざ出発!

 

 新しい月の始まりにあたり、ご報告を申し上げます。

 太鼓イベント・コンサートなどのプロデュースを主軸に太鼓文化の振興と発展を目ざして活動してきた一般財団法人浅野太鼓文化研究所と、太鼓レンタルを主業務とする浅野太鼓祭司株式会社は、昨9月1日をもって「太鼓の里浅野」から白山市水島町に移転、それにともない国内外の打楽器展示と太鼓体験で親しんでいただきました「太鼓の里体験学習館1988年開館」も、昨日をもって閉館しました。永い間(33年間)のご利用・ご愛顧、本当にありがとうございました。

0903.2021.a2.jpg

0903.2021.a1.jpg

 振り返れば52年間にわたって育んできた「太鼓の里」は、敷地の隅々までさまざまな思い出に満ちていますが、11月1月から始動する水島町の「太鼓の泉 響和館」では、これまで以上に実り多い〝太鼓文化の集積地〟を実現したいと考えています。こんこんと絶え間なくわき出る泉のように、ここにくれば太鼓に関する情報が満ちあふれ、太鼓を愛する人々が学び、交流できる場となることを目ざしていきます。52年前と同じくまたゼロからの出発ですが、ある知人は「人生100年時代」の言葉を応援メッセージとして贈ってくれました。とすれば、私にもあと25年の時間があります!  どうか皆さん、お近くにおいでの際は、ぜひ太鼓の泉にお立ち寄りください。お待ちしております。

   尚、太鼓の豆知識講演、レンタル太鼓、演奏、イベントプロデュースにつきいてのお問い合わせは、asano@taiko.or.jp までご連絡ください。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年8月18日

再開し始めた太鼓の響きに元気をいただく

 例年にない酷暑に続き、先週からはこれまた過去に経験のないような豪雨が日本列島各地を襲い、被害に遭われた皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大もいっそうの広がりをみせるばかりで、これからどうなるのか不安が募りますが、こうした中でも少しずつ太鼓の演奏会が再開されるようになってきたのは嬉しい限りです。

0819.2021.a2.jpg

 まず7月28日には富山でのDRUM TAO「光」公演、7日には東京の国立劇場で3年振りの「日本の太鼓」公演、翌8日には愛知で「羽田康次生誕45周年記念公演」、大分では11日からTAOが毎夏恒例の「夏フェス」開催、そして21日は無観客ながら鼓童による「アース・セレブレーション」、9月10日11日には、「太鼓集団天邪鬼35周年情熱」公演が開催される予定。

0819.2021.a3.jpg

 いずれも、コロナ禍による最大の危機に直面しながらも「じっとしてはいられない」という、やむにやまれぬ思いでの決起。その英断に拍手を送り、どうかご無事で活動を続けてくださるよう祈るばかりです。そして地球上のすべての人々が一日も早く、以前のようなおだやかな生活を取り戻す日がくるよう念じています。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年7月29日

白山国際太鼓エクスタジア2021を終えて

 

0729.2021.a3.jpg

 昨年は新型コロナウイルス感染拡大によりやむなく中止した「白山国際太鼓エクスタジア」でしたが、今年は多くの皆さんのお力添えをいただき、去る18日に無事開催することができました。今回は林英哲さん、英哲風雲の会と「太鼓芸能集団鼓童」の皆さんとが同じ舞台に立つという、永年の念願だった企画を実現でき、これまで通算27回のエクスタジアの中でもとりわけ心に残る公演となりました。両者ともに同じスタート地点に立ち、そこからそれぞれの道をたどり、現在に至る進化の過程を、ともに同じ時代を過ごしてきた私自身の歴史としても肌で感じてみたい気持ちもありました。

0729.2021.a7.jpg 0729.2021.a2.jpg

   0729.2021.a5.jpg 0729.2021.a8.jpg

      0729.2021.a6.jpg 0729.2021.a1.jpg

 果たしてこの舞台で目にしたのは、苦しみ、もがきながらもつねに挑戦と探求を続ける者だけが到達する「芸の高み」、揺るぎない信念の結晶でした。まことに胸を打たれる舞台でした。
 さらに東京の「ひむかし」、地元からは川北町の「手取亢龍若鮎組」、白山市の「和太鼓サスケ」と我が「焱太鼓ユニット」の熱演も加わり、それぞれの良さを感じながら個性を見比べることができたのも楽しいひと時でした。
 実をいうと、このところ太鼓を囲む環境がともすれば冷えつつあるようにも感じていたのですが、なかなかどうして、満席の観客をこんなに熱くできるのはやはり太鼓だ!と、再認識した今年のエクスタジアでした。
 出演してくださった皆さん、ご来場くださった皆さん、力強いご支援をくだった行政の皆さん、そしてスタッフとして走り回ってくださった多くの皆さん、どうもありがとうございました。心より御礼を申し上げます。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年7月22日

私のエクスタジア物語

 

白山国際太鼓エクスタジア実行委員長 浅野昭利
(一般財団法人浅野太鼓文化研究所理事長)

 

0722.2021.a6.jpg

 エクスタジアの前身である太鼓の野外コンサート『BEATS OF THE LIFE 壱刻壱響祭'93 ~リズムの生誕/生誕のリズム~』から数えて26回目の開催となるはずだった昨年の『白山国際太鼓エクスタジア2020』は、新型コロナウイルスの感染拡大という思いがけないアクシデントにより、やむなく中止の決断をせざるを得なかった。その時のやり場のない悔しさとやるせない気持ちは、われわれ実行委員だけでなく、開催日を目ざして日々稽古に励まれていた出演者の皆さんや、毎年夏の恒例行事としてチケットの発売日を待ちかねていたリピーターの観客の皆さんも、きっと同じだったことと思う。それゆえ、会場の入場制限5割という厳しい環境の中でも、「今年こそ」の気合いをこめて『白山国際太鼓エクスタジア2021』の開催にこぎつけ、エクスタジアの灯をつないでいけることを、心から嬉しく思っている。今回の開催に向けて後押ししてくださった多くの皆さんと、行政の献身的な応援に、ただただ感謝あるのみです。ありがとうございます。

 0722.2021.a5.jpg 0722.2021.a4.jpg

   昨年、手もちぶさたでぽっかりと胸に穴があいたような夏、あらためてエクスタジアの来た道を振り返ってみた。

 その発端は、1992年、石川県を会場に行われた『第7回国民文化祭・石川』。県内各地でさまざまな事業が展開され、ここ松任市(現在の白山市)で行われたイベントが『ふる里の響き太鼓まつり』。1980年代後半の地域活性化ブームの影響などで各地に続々と太鼓チームが誕生し、当時は太鼓ブームが右肩上がり。会場都市の特権で、全国47都道府県から「これぞ」と思うチームを各1団体ずつ選抜し、さらに8団体のプロチームを加えた55の太鼓団体を招聘。松任総合体育館に設けた特設ステージで、次々に自慢の腕前を披露。その演奏時間は、なんと、のべ10時間にもおよび、熱心な太鼓ファンを根こそぎしびれさせた。今思い出しても、まことに豪快な舞台だった。

0722.2021.a1.jpg

といっても、実はフタをあけるまでは、これほどの盛況を招く自信はなかった。ただ「せっかく石川で国民文化祭が開かれるなら、太鼓という切り口でかかわりたい」と、意気込みだけが先走ったスタート。幸い、当時NHKのプロデューサーだった和田勉氏の斬新な構成と、松任市役所太田部長の太っ腹な裁量、そして両者の橋渡し役として奔走してくれた事務局の徳井孝一氏(現文化財保護課課長)というベストメンバーに恵まれ、予想以上の成功を収めたのだった。

 この体験を通じ「太鼓がこれほど多くの人々を感動させるのか」と、あらためて思い知った。この思いはその場にいた多くの人に共通していたようで、翌年3月、松任市の新たな和太鼓芸能の可能性を探るための研究グループ『壱刻壱響祭実行委員会』が、徳井氏を中心として活動開始。4月、約40名からなる『壱刻壱響祭'93 実行委員会』を開催。席上、「ここは古くから虫送り太鼓が受け継がれてきた土地柄。その伝統を踏まえ、コンサートは野外で」との意見が一致。、そしてついに7月25日、松任総合運動公園スタジアムを会場に、ボランティアによる実行委員会スタッフ総勢160名、演奏者200名により第1回『BEATS OF THE LIFE 壱刻壱響祭'93 ~リズムの生誕/生誕のリズム~』を開催した。出演はソリストの時勝矢一路氏、福井の『はぐるま太鼓』、元『鼓童』メンバーの高野巧氏、栃木の『水芭蕉太鼓』、ジャワ・ガムラングループの『ダルマ・ブダヤ』、結成まもない『炎太鼓』ほか。陽の落ちた会場にかがり火や手筒花火が明々と燃え盛り、芝生の上で演者と観客が一体となって太鼓の響きを共有するコンサートは、ダイナミズムそのものだった。

 奇しくもその前年、ファッションデザイナーでイベントプロデューサーの山本寛斎氏がロシア・赤の広場で開催したイベント『ハロー・ロシア』に炎太鼓が出演。私にとっては初めての野外イベントだったが、そこで学んだイベントづくりのノウハウが、壱刻壱響祭で大いに役立った。寛斎さんは惜しくも昨年他界されたが、ロシアのあともたくさんのイベントにお誘いいただき、大きな影響を受けた。私が今、曲がりなりにもあちこちで太鼓イベントのプロデュースをさせていただいているのも、ひとえに寛斎さんの背中を追ってきたおかげといっても過言ではない。

 0722.2021.a7.jpg

 以後、運営体制の改善や市町村合併などにともないイベントタイトルを改称、『白山国際太鼓エクスタジア』の名称が定着した2008年。7月27日の開催日当日、金沢・白山市一帯は朝から晴れやかな晴天に恵まれていた。しかし、午後になると空模様が一変。上空はまたたく間に真っ黒な雨雲に覆われ、夕刻から激しく降り出した雨は翌朝になってもやむことなく、金沢では55年ぶりに浅野川が氾濫。周辺地域に大きな被害をもたらした。「ゲリラ豪雨」という言葉が使われ出したのは、このころからだ。幸い白山市は大きな被害もなく、エクスタジアは無事に終了できた。だが、ステージを急ごしらえのテントで覆い、観客にはビニール合羽を無料で配布するなど、事務局は終演まで事態の対応に追われた。そして翌年以降も決して「ない」とはいえないゲリラ豪雨から観客を守るためにも、この経験を教訓に、以後は会場を屋内に移すことを決めた。

 0722.2021.a8.jpg

 こうして開放的な野外公演から、オーソドックスなホール公演へと転換したエクスタジアだが、会場が変わろうと、どの年のどのシーンも私には思い出深いものばかりだ。97年、華道家・勅使河原宏氏の舞台美術監修により、3000本の真竹を使ってステージ周りを竹のインスタレーションで囲んだ豪快な演出。舞台に高さ20メートル近い2本のご神木を屹立させた98年の神秘的なステージ。また2003年、13年、16年、18年と4度にわたり、堂々と居並ぶ大太鼓の醍醐味を堪能させていただいた林英哲氏と英哲風雲の会による名曲『七星』の圧倒的な存在感。2015年に全国から選りすぐった女性の打ち手だけで編成したユニット『大太鼓響奏団 め組』の凜々しい姿も忘れがたい。振り返れば究極の太鼓コンサートを追い求め、私のわがままの限りを尽くした贅沢な27年間だった。だが有り難いことに、こうした型にはまらない“エクスタジア気風”とともに、これまで出演してくださった皆さんの奮闘による芸術性に対する国内外からの高い評価や、地道な作業の積み重ねに尽力してくださったスタッフの皆さんの努力などが相まってか、「一度はエクスタジアに出演したい」と言ってくださる演奏家が後をたたない。まったく、この上なく嬉しいことだ。

 エクスタジアを含め、永年にわたって国内外の太鼓演奏に間近に接してきた上で、私が現在感じていることを少し述べてみたい。かつては祭り囃子や邦楽囃子など、脇役の一つの楽器に過ぎなかった太鼓が、現在のように『コンサート』という形で舞台の上で演奏されるようになって50年。その創生期である1970年代、80年代、太鼓は土着の荒々しさや、太鼓を通じて自分が何者かに化身できるかのような大いなる野望のもと、その一心不乱に打つさまは、聴く者・観る者に背筋がゾクゾクするような、自然に涙がこぼれるような感動に引きずり込むシーンが多くあったように思う。やがて90年代から2000年以降、太鼓芸能は一つの「文化」として国内外の認知を得るまでに成長。演奏の形態や表現手法、楽曲の多様化など、さまざまな面で進化し、創生期の純朴な太鼓に比べればはるかに高度化・音楽化してきた。その結果、耳に心地良く、音楽性の高い音づくりが昨今の主流になってきた一方、かつてのような理屈抜きのエクスタシーに遭遇する場面が少なくなってきた。端的に言えば「物足りない」のだ。すべからく、一つの文化が洗練され、発展していく過程において、そうした状況は「よくある変化」なのかも知れない。しかし、私はその足りないもの、忘れられようとしているものを、もう一度甦らせたい。打ち込んだ一打が表革から裏革に抜けてとどろき、そこにいる人の胸の奥底まで鷲づかみにして、身動きさえとれなくするような深い太鼓に、また会いたい。

 第1回の壱刻壱響祭から27年の歳月が過ぎ、私は74歳になった。近ごろは毎年エクスタジアを迎えるたびに「これが最後かも」という覚悟をどこかで感じている。そうしたこともあり、突然“最後”がやってきても悔いを残さないよう、今回は長い間の念願だった“空前絶後”の舞台をつくることにした。林英哲と鼓童が一つ舞台に集う、夢の響宴!芸術性豊かな太鼓ソリストとして国内外から高い評価を受けている林英哲氏と、太鼓芸能集団として国際的な活躍を続ける鼓童とは、林氏が太鼓演奏家として独立した際の経緯などから、共通の舞台に立つことはこれまで暗黙のうちにタブーとされてきた。しかし、日本の太鼓界を背負って立つこの両雄の演奏を、一つの舞台で聴くことができれば、なんという幸運だろう!私も観たことのない唯一無二の舞台が実現すれば、思い残すことは何もない。そんな思いで取り組んだ今回の企画だ。第1部に林英哲コンサート、第3部に鼓童コンサート、そして第2部は川北町で躍動する『手取亢龍若鮎組』と、手塩にかけた『焱太鼓』『和太鼓サスケ』、今後の精進が期待される関東の『ひむかし』がプログラムを彩る。観客の皆さんにはどのシーンもしっかりまぶたに焼き付け、終生の“心の宝”としていただければ、幸いである。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年7月13日

久留美社長に心からの感謝を、、、、(一時代を共に)

 昭和の中ごろまでは家内工業で和太鼓を製造していた浅野太鼓でしたが、45年に有限会社浅野太鼓楽器店、54年に株式会社と組織を改称するにともない、製造現場の機械化・効率化を進めてきました。45年の有限会社設立以降、大平総理大臣の時代に地方の文化だと、よびかけがあり、各地に太鼓集団が数多くでき、それまでとは格段に需要が延び、以前のような手作業では生産がまったく追いつかなくなったからです。

0716.2021.4a.jpg  0716.2021.1a.jpg

  0716.2021.3a.jpg  0716.2021.2a.jpg

 しかし、太鼓という特殊な製品の効率化に役立つ機械など、当時はゼロ。つてを頼ってあちこち相談していた時に、出会ったのが小松市の機械メーカー代理店の清水産業。社長の久留美栄治さんは、根っからの機械好き。最初は渋っていたものの、誰も作ったことのない特殊な機械の開発に機械好きの血が騒いできたようで、胴の中ぐりを自動で行うNC旋盤の開発に始まり、平成30年までに、なんと16の「浅野太鼓仕様」の特注省力機械の開発に成功。中でも思い出深いのは、餅つき機をヒントに皮圧縮機、サントリーさんの工場見学で参考にした桶胴太鼓の自動組立ラインや、桶太鼓用の竹材5軸加工機、胴の中彫りを自動で行う4次元の彫刻機(こんな機械は絶対に作れないと尻込みしながらも4年の歳月を費やしてついに完成)、全自動バチ製造ライン(現在一番稼働率が高い)、大小鼓胴NC旋盤など。今日の浅野太鼓があるのも、ひとえに久留美さんのご協力ゆえと言っても過言ではなく、私とメーカーとの橋渡し役としてこちらの要望を丁寧にメーカーに伝え、理想の機械を生みだしてくれた久留美さんの功績は、まさに浅野太鼓の「産業革命」の実現でした。

 その久留美社長がこのたびご勇退(社長から会長職)されるにあたり、今あらためてこれまでのご恩に感謝するとともに、太鼓づくりのうえでこの上なく良きご縁をいただいた幸運をしみじみと噛みしめています。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年6月30日

日本のものづくりの原点、尺貫法

 先日、書棚を整理していた際、何気なく「たいころじい」第42巻を開いたら永六輔さんがいた。2014年のたいころじい最終巻にあたり、特別企画として永さんにインタビュー。小野編集長に同行し、2時間ほど太鼓について語り合ったのが懐かしい。そのとき、永さんは尺貫法がメートル法にとってかわられたことについても、反発の熱弁をふるっていた。「日本のものづくりの元は尺貫法。その尺貫法をこの国は法律で禁じている。そういうことに対して、誰も反発しない」と。

0628.2021.a1.jpg

確かに神社仏閣をはじめとする建築物や、数々の工芸・ 民芸品、そして太鼓やバチも尺貫法によってつくり出されてきた。こうした良き伝統が、西洋からやってきたセンチ・メートルによって、今、ほとんど失われようとしている。「1尺」と言っても、若者には「え?何のこと?」と聞き返されるかもしれない。それでも次につなげるべき伝統文化の一つとして、私も永さんの持論に今さらながら共感している一人である。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年6月 4日

明日に向かって決意新たに

 抜けるような青空を仰ぎながら、午前8時30分、財団の仲間たち5人で白山比咩神社に参拝。今日は浅野太鼓の創業記念日。よくぞここまで家業をつないできたものと、あらためてこれまでの道筋を振り返りつつ、後悔したできごともなかったわけではない過去を顧みるばかりでなく、前を向いて進むことの大切さを神前に誓ったひと時。社殿の前で一心不乱に手を合わせる多くの参拝者を目にするにつけ、天地創造以来、万人がみな平等に一日24間の時を営々と重ねて生きてきた結果が今のそれぞれの姿であることを思い、これからの人生をいかに有効に過ごすかが重要と、あらためて自分を叱咤。深い祈りを捧げながら、明日に向かって決意を新たにした創業412年目の朝でした。

 0604.2021.a3.jpg

0604.2021.a10.jpg 

(2列目中央: 村山宮司)

 

 尚、今日の記念日に深夜2時起きで車を飛ばし、お花(ユリ、珍しい山百合等)を届けていただきました長谷川先生に感謝もうしあげます。

0604.2021.a2.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年5月26日

「響和祭」第12回を開催

 

 政府をはじめ、医療従事者の皆さんや多くの国民の皆さんの大変な努力にもかかわらず、いっこうに衰えをみせない新型コロナウイルスの感染状況の中ではありますが、22日と23日の両日、川崎市の「スクラム21」で「太鼓の里響和館 館長 浅野響音」の太鼓教室発表会「響和祭」の第12回を開催しました。万全の感染対策をほどこし、通常は1日だけの開催を、今回は密を避けるために16講座ずつ2日間の日程。昨今の状況の中で断行するのは館長の決断と勇気が大変だっただろうと思います。いざ幕を開けると久しぶりの舞台に受講生の皆さんの表情の生き生きしていること。上気した頬に気持ちの高ぶりが現れ、「ああ、やってよかった」と心から思いました。

 0526.2021.a1.jpg

  ステージでは受講生の皆さんとともに、指導にあたってくださったプロ講師の先生方の演奏もあり、これまた味わい深い太鼓を聞かせてくれました。こうして「響和祭」の伝統を作っていくことが重要であり、出演してくださった皆さんにあらためて感謝している次第です。

 この先、コロナがどんな収束をみせ、その後、社会はどう変化していくのか予想もつきませんが、ともかく今は歯をくいしばり、現状に立ち向かっていくばかりです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年5月 7日

刀匠隅谷正峯氏をしのぶ

 

0507.2021.a1.jpg

 4月24日から6月6日まで、白山市松任博物館において、白山市が誇る刀匠・隅谷正峯の特別展「生誕100年記念 人間国宝 刀剣作家 隅谷正峯−思いは鎌倉期に漂いて−」が開催されています。隅谷氏といえば、浅野太鼓にとっての大恩人。昭和40年代、松任(現在の白山市)の小さな太鼓屋だった浅野商店が、まがりなりにも現在の「浅野太鼓」というブランドを確立した礎の一つとなった、太鼓胴の座金のデザインに大きなヒントをくれた人物だからです。当時、どこの太鼓メーカーも太鼓の座金といえば薄い鉄板を四角に切って胴に当てたような変哲のないものでしたが、私は太鼓のパーツの中で唯一自己主張できるのがこの部分と考え、全国どこにもない重厚で芸術性の高い座金をつくってみようと思い立ったのです。あれこれ相談相手を思案したあげく、同じ松任で刀剣を製作されていた隅谷氏の元を訪れ、正直に思いのたけを訴えました。すると氏は「刀の鍔のデザインを研究してみなさい」。そして「古式ゆかしい色を出すには、ネズミのフンから作った液で磨くのが良い」と教えてくれました。その言葉通り、工夫に工夫を重ね、現在の浅野太鼓の座金のデザインを確立したわけですが、思えば40代の若造の無礼な問いにまったく偉ぶらずに応えてくれた氏の度量の大きさは、今でも熱く胸に残っています。ちなみに刀の鍔の意匠にヒントを得て考案した座金のデザインに込めた意味を説明すると、座金の四辺に刻んだ唐草模様は、吉祥文様の一つで「いかなる困難も克服し、未来永劫にわたって栄える」との意味を持ち、中心の十二弁の菊花は、「高貴」を花言葉とします。この二つの組み合わせは日本の伝統楽器を代表する和太鼓のエンブレムとして、もっともふさわしいデザインと考えているので、皆さんもぜひお手許の太鼓の釻をあらためて見直してみてください。

0507.2021.a2.jpg

 今回、この特別展に、私も一口の太刀と三刀の刀子を出展しました。銘「手取の響」なる太刀は、不規則に乱れた刃文が里にとどろく太鼓の響きをあらわしたとのこと。また刀子の一は平成5年の現天皇・皇后のご成婚記念に打たれた由緒深き逸品で、いずれも今は亡き隅谷氏をしのぶ貴重な形見として、私の大切な宝物になっています。

| コメント(0) | トラックバック(0)