最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

アーカイブ

2020年10月 8日

それぞれの未来に希望を願う

  仲秋の名月に始まった10月。ずしりと重い二つの便りが届きました。

 一通は長野県在住の打ち手から。今から約30年前に日本の太鼓に心酔し、米国から日本に移住して第3期の鬼太鼓座に入座、やがて帰化して自身のチームを旗上げしたものの、まもなく病を得て今は活動休止を余儀なくされているとのこと。彼の体調のことは18年ほど前に耳にしてはいましたが、その後も舞台で元気な姿を見せていたので、快復したのだとばかり思っていました。しかし病は着実に進行していた様子。私には一日も早い快復を祈ることしかできませんが、どうか希望を失わず、必ずまた舞台に立てる日を目ざして療養に専念して欲しいと願うのみ。祈りが天に通じることを願います。

1008.2020.a1.jpg

 もう一通は、おおよそ40年にわたって「鼓童」の舞台制作を担ってきた(株)北前船の代表取締役を、青木孝夫さんから洲﨑拓郎さんにバトンを託したというお知らせ。青木さんは1978年に、鼓童の前身である「佐渡の国鬼太鼓座」に入座。81年に鼓童が創立されてからは「ハンチョウ」こと河内敏夫さんと共に鼓童の運営に携わってきましたが、87年の1月にハンチョウが急逝して以来、演奏家集団としての土台がまったく固まっていなかった鼓童を牽引。経済的にも興行的にも舞台づくりにも苦労に苦労を重ねて今日の鼓童に育て上げた、いわば「鼓童の父親」的な存在。現在、鼓童が世界の太鼓文化の頂点に立つ礎を築いたのはまさに青木さんの功績で、青木さんがいなければ今の鼓童はなかったと、私は断言できます。その青木さんが10月1日付けで社長の座を辞して会長に就任。洲﨑さんが今後の舵取りを担うわけですが、この難しい世界情勢の中、青木さんの不屈の闘志を引き継ぎながらも、洲﨑さんの若い発想で、どうか鼓童を、より優れた太鼓芸能集団として進化させていってください。どうぞよろしくお願いいたします。そして青木さん、長い間、本当に本当に、お疲れ様でした。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2020年9月24日

コロナ禍を逆手に

 コロナ禍によりホール等の収容率を50%に制限する措置がとられていましたが、映画・演劇、バレエ、クラシック音楽のコンサートなど観客が大声を出さないイベントに限り、19日から収容率が100%に引き上げられました。それにともない太鼓の公演も少しずつ再開されていくことが予想され、現に、規模の小さなライブがポツポツと各地で行われ始めたとの情報も入ってきています。

0924.2020.a1.jpgそこで望むことは、およそ7ケ月間の活動自粛の期間に打ち手の皆さんが胸の奥に留めてきた思いをどうか舞台の上に表現していただきたいということ。この自粛が決して無駄な期間でなく、新たな表現の根源となって、これまでとは異なる、さらにレベルアップした舞台を見せていただけるよう、一日も早く以前のように全国のコンサートにお邪魔できることを楽しみにしています。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2020年9月16日

我がふるさとに不思議なご縁を発見

 

  春以来の自粛生活で外出の機会も格段に少なくなり、運動不足のせいで近ごろはお腹周りが成長ぎみ。腹筋やダイエットなどいろいろ挑戦したものの、私のことで長続きせず、このところはもっぱら歩け、歩け。少なくて6千歩、多い時は1万2千歩、歩くのが日課になり、車に乗っている時は気づかなかったいろんな風景が目に入るのがウォーキングのいいところ。

0916.2020.a3.jpg

 一昨日の土曜日は自宅を出発してから近くの集落、遠くの集落、国道を経由してやがてたんぼ道へと約1時間半。その道すがら、自宅と会社との中ほどあたりの米光集落で見つけたのが、「臨済宗萬福寺跡」と刻まれた石柱が建つ石碑。読めば萬福寺は室町時代に営まれた臨済宗の寺院で、「京都東福寺を本山とした皇室領日月蝕料所 だった米光村の代官を務めていた」という。むむ、萬福寺とは、どこぞで聞いたことのある寺の名。そう、太鼓専門誌「たいころじい」の第27巻、「鼓楼を訪ねて」と題した特集記事に登場した京都の寺。あらためて誌面を開けば、太鼓をおさめた立派な鼓楼が本堂のかたわらに建っている写真。そうした古刹と、我が住むこの地とが古い時代からつながっていたとは、なんとありがたくも不思議なご縁。驚きと誇りを感じつつ、歩くことの健康的・精神的効用を実感した日でした。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2020年9月 2日

おついたち参りに思う

 

0902.2020.a1.jpg

 毎月、月の初めの一日(ついたち)は、白山市の守り神である白山比咩神社の「おついたち参り」に参詣するのが私の恒例行事。今月は、秋とはいえどまだまだ残暑厳しいながら、心なしか先月よりも人出が多いような。長引くコロナ禍もあり、神に祈り、日頃の感謝を捧げるのもおついたち参りの意義だろう。

 

0902.2020.a4.jpg

 さて、拝殿には、毎月「今月の言葉」として、故事にまつわる教訓をしたためた紙が置かれているのも恒例。ちなみに今月は「自(みずか)ら恃(たの)みて人を恃むことなかれ」。中国戦国時代の思想家、韓非子(かんぴし)の言葉で、意味は「私たちが一番に信頼し、頼りにすべきは自分自身。人に助けてもらうのは大切だが、それに頼ってばかりではいけない。何ごとも自身をもって困難に挑戦していく力をつけよう」ということで、その通り、いざとなり、頼りになるのはやはり自分自身。日頃からそう思っていてもついつい弱気になりがちですが、はっきりと文字を目にして、あらためて決意を強くしたお参りでした。

  0902.2020.a2.jpg  0902.2020.a3.jpg              
  雲竜の如           まさに雲竜の如く

 日本は今、政局の転換期で、総理としての在職期間が歴代の中でもっとも長い安倍総理にかわり、誰が頂点に立つのか混迷していますが、私たち国民の願いはただ一つ、この日本という国がどうか良い方向に向かうように。誰であれ、確固たる信念と思想をもって、国政の舵をとって欲しいものです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2020年8月26日

コロナ禍の中での健闘をたたえ

 

0826.2020.a1.jpg

 長引くコロナ禍でさまざまな活動が停滞気味の中、太鼓界では嬉しいことに、いくつかの新しい動き。その一つ、11日に大分県久住町で「DRUM TAO」の「TAO芸術村」がプレオープン。太鼓の学校などを含む太鼓文化の拠点となる施設で、着々と全容を整備。それに合わせて毎夏恒例のファンとの交流イベント「TAOの夏フェス」も開催され、これからのコロナとの共存生活の先鞭をつけた事例に。代表の藤高郁夫氏の腹の据わった采配に敬服です。

0826.2020.a2.jpg

  もう一つは、先週末、佐渡を拠点とする「鼓童」の無観客「アース・セレブレーション」。公演の様子は世界にネット配信され、訪日できない海外の人々からも大きな反響があったそう。資金的にも大きな賭だったと思うが、30年以上継続したイベントを絶やせないとの青木孝夫社長の英断に喝采。藤高代表、青木社長ともに、どんな状況の中でも工夫しながら太鼓文化を発信し続ける姿に感銘を受け、太鼓に関わる人としての強い使命感のありようを間近に見た思いがします。

 そうした快挙を目にしつつ、一方では我が身のふがいなさをしみじみと実感。何かと思い惑うこと多く、せめて財団理事長として太鼓に関わる皆さんにできる限りの助力をと、模索している日々です。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2020年8月16日

近藤さん、どうか安らかに

 

0816.2020.a1.jpg

 テレビのニュースを見ても新聞を広げても、PCを開いても、コロナ、コロナの毎日。そんな中、福島の愛宕陣太鼓連響風組の斎藤通夫さんから、悲しい知らせ。北海道登別で「北海太鼓」を創始した大場一刀さんの片腕として、一刀さん亡きあと独特の打法を継承してきた近藤則文さんが、日昼ごろに亡くなったとのこと。4年前、近藤さんの「太鼓打ち50周年記念」の祝賀会でお元気な姿を拝見、最近は体調を崩して埼玉に転地療養されると聞いてはいたものの、まさかこんなに早く逝かれてしまうとは。私よりも4歳も若い近藤さんのご逝去に、ただただお悔やみを申し上げるばかりです。

 近藤さんに初めてお会いしたのは、私がまだ20代のはじめ。張り替えした太鼓を抱えて札幌駅に降り立ったところを、一刀さん差し迎えの、当時の庶民の憧れだったクラウンハードトップの乗用車で迎えに来てくださった時。謙虚で控えめで、しかし太鼓に対してはつねにどん欲で探究心旺盛な爽やかな若者。北海太鼓ならではの流し打ちは見応えがあり、今年初めに病を得るまで太鼓を打ち続けた近藤さん。名人級の打ち手を失い、寂しい限りですが、大場一刀から近藤則文、そして和太鼓 ZINKAの金澤綾花へと直伝された北海太鼓の打法が、これからも新しい世代につながっていくことを願うばかりです。

0817.2020.a5.jpg

(北海道 滝本旅館にて 理事長左横:近藤さん)

0816.2020.a2.jpg 0816.2020.a3.jpg

 近藤さん、どうかこれからも北海道の太鼓を見守ってください。永い間、お疲れ様でした。ありがとうございました。心よりご冥福をお祈りいたします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2020年8月 9日

盆休みに思う

 

0809.2020.a1.jpg

 

 

 最近の話題といえば、どこにいっても新型コロナウイルスに関することばかり。これから社会はいったいどうなっていくのか、私自身も皆目見当がつかない日々。ウイルスとどうつきあい、社会活動、経済活動を持続しながら、なおかつ鉄道や道路、物流などのインフラは停滞させることなく、この国を維持していく難しさ。そうした中で、どうしても後手に回るのが「文化」。心に余裕があればこそ、文化を楽しむゆとりも生まれることに希望を託し、盆休みで無人になった事務所で一人思いをめぐらせている今日このごろです。

 

 なお、明後日11日は大分県を拠点に世界的な演奏活動を展開している「DRUM TAO」が四年前からとりくんできた「TAO芸術村」のオープニングセレモニー執行日。ぜひともお邪魔したかったのですが、やむを得ない事情により赴くこと叶わず、まことに残念。どうか藤高代表はじめメンバー皆々さまのますますのご活躍を心より祈っております

 

0809.2020.a2.jpeg 0809.2020.a3.jpg 0809.2020.a4.jpeg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2020年7月29日

寛斎さん、ありがとうございました。

 26日の夜、山本寛斎さんの身近にいる人から電話があり、寛斎さんが去る21日に亡くなられたことを知りました。思いがけない訃報でした。この春、白血病で入院されたというご連絡に続き、「元気になってまたイベントの現場に戻る」とのメッセージをいただいていたので、まさかこんなに早く旅立たれるとは思いもしませんでした。大きな衝撃でした。

0729.2020.a1.jpg

 山本寛斎さんはファッションデザイナーとしてその名を知られていますが、近年はイベントプロデューサーとしても手腕を発揮され、「KANSAI SUPER SHOW」と名づけて数々の大きなイベントをものにしてきました。そこにはいつも太鼓が活躍する場があり、太鼓文化とファッションを結んだ新しい文化の世界に導いてくださいました。いわば「太鼓界の大恩人」です。

 初めてお目にかかったのは1991年。翌年、ロシアで開催するというイベント「ハロー ロシア!」に、結成まもない炎太鼓を起用したいとのこと。自ら松任に来られ、実際に炎太鼓の演奏を見て、強烈なダメ出し! さらに再度にわたって来県され、微に入り細にわたってアドバイスをくださり、余分な演出をいっさい削ぎ落としてストイックなまでに研ぎ澄まされた演奏にたどり着いた炎太鼓をロシアに招いてくれたのでした。こうして現在に続く焱太鼓が誕生し、同時に私は未知の分野だったイベントのノウハウを寛斎さんの近くでつぶさに学ぶことができました。

0730.2020.a1.jpg

0729.2020.a2.jpg  0729.2020.a4.jpg

0729.2020.a6.jpg  0729.2020.a5.jpg

 以来、2000年の岐阜・長良川競技場での「ハロージャパン!ハロー21!!」、2004年日本武道館での「アボルダージュ〜接舷攻撃〜」、2007年東京ドームでの「太陽の船」、2010年有明コロシアムでの「七人の侍」など、いずれも壮大なスケールのイベントに、全国から集まった数十、数百人規模の「太鼓隊」として参加させていただいた幸せ。また2003年から東京新聞と共催で開催した「東京国際和太鼓コンテスト」では審査員を快諾いただき、毎回ユニークな審査評をいただいたことも楽しい思い出です。

 そうした足跡を踏まえ、これからいよいよ寛斎イベントの仕上げに入るという時に倒れられてしまうとは、なんとも残念でなりません。口惜しい限りです。

 けれど、いつも「元気!」という言葉が大好きだった寛斎さんのこと、きっと天国でも元気いっぱい、おろおろしている私を見下ろして「元気出せよ!」と叱られるかもしれませんね。

 いつも私の頭上にまぶしく輝く大きな太陽、寛斎さん、永い間お疲れさまでした。そしてありがとうございました。心からご冥福をお祈りいたします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2020年7月22日

太鼓界のS字カーブ、今後のゆくえ

  今さら申すまでもないことですが、日本の太鼓芸能は古いようで新しく、太鼓がコンサートという形で舞台上で演奏されるようになったのは1970年代以降のことです。それ以前、戦後1960年代から『御陣乗太鼓』や『助六太鼓』、川田公子さん、大場一刀さんなどが少しずつテレビなどに出演するようになり、また北陸では加賀温泉郷の各旅館が宴会の余興に太鼓を上演したことなどがきっかけとなり、石川、福井の両県で太鼓芸が興隆。そして1970年代、佐渡島を拠点とした「佐渡の國鬼太鼓座」が海外で華々しく太鼓の公演を行ったことを契機に、日本の太鼓芸能は広く世界に知られることになりました。その結果、今やヨーロッパ、アジア、南北アメリカ、オセアニアと、万を超える太鼓チームが国境を越えて世界各地で活動するようになりました。

 ですが、今回の地球規模での新型コロナウイルス感染拡大の影響により、ほとんどの太鼓イベント・コンサートが中止または延期となり、多くの演奏者が無念にもバチを置いている状況と察しています。私自身も、まことに地団駄を踏むような思いです。

 しかしながら、ふたたび感染が急激に拡大しているこのところの苦しい中でも、なんとかこの状況に突破口を開こうと、観客を大幅に縮小したコンサートやyoutube配信などに挑戦し始めた演奏者の一部もおられます。こうした活動が、せっかく国内外に浸透した太鼓文化の熱を衰微させない助けになるよう、切に願っています。

 思えば太鼓芸能の発展は、経済活動のS字カーブによく似ています。1970年代から急成長の一途をたどり、1900年代以降あたかも大爆発を起こしたかのように大きく伸びたものの、このコロナ禍によって頂点から下降しつつある実態。こうした時こそ、下降をどう留めるか、太鼓文化研究所理事長として、もっともっと勉強しなければならない使命感を感じています。

 ちなみに、何か事を成すには「情熱」「行動力」「使命感」の3要素が欠かせません。その言葉を胸に、今日も自分を叱咤激励している昨今です。

 0722.2020.a1.jpg 0722.2020.a2.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2020年7月 2日

梅雨空の下で

 このところ連日の曇天、雨天の繰り返しで、いかにも梅雨の時期らしい空模様。いつもの年なら「梅雨」という言葉だけで少々うっとうしい気分になるものですが、今年はコロナウイルス感染予防による外出自粛であまり季節感を感じることがなかったせいか、確かに季節は進んでいることを雨の感触によって実感しています。

0702.2020.1a.jpg  0702.2020.2a.jpg

 さて、先日この欄を通じて、あるいは書面を通じ、浅野太鼓を退社したことをお知らせしましたが、その後、たくさんの方々からお手紙やお心遣いのお品をお送りいただき、さらに当地まで訪ねてくださった皆さんもおられ、大変嬉しく有り難く、また私のような不才の身にあたたかいお心をいただいたこと、ただただ恐縮しています。この場を借りて、心より御礼を申し上げます。どうもありがとうございます。今のところ、日々の日課が変わったことで自分でもまだうまくスケジュール調整ができていないのですが、完全に外出規制が解除されたあかつきには、皆さんにご挨拶がてら各地のコンサートに足を運ぶ予定でおり、その日を待ち遠しく思っています。その際はどうぞよろしくお願いいたします。

| コメント(0) | トラックバック(0)