最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

アーカイブ

2022年1月21日

今日からまた新しい人生を

 白山市には太鼓をはじめ、牛首紬や加賀獅子頭など7種の伝統工芸の技法が受け継がれ、石川県では金沢市に次ぐ工芸都市であることはあまり知られていないようです。そこで白山市の工芸の発展と継承を目的に、一昨年「白山市伝統産業振興会」を設立。12日から16日まで「第2回白山市の工芸展」を開催し、多くの観覧者に来ていただきました。ヒノキの板を薄いリボン状に削ったヒンナでコースターを編む体験や、昔ながらの機織り機でパッタンパッタンと布を織る体験、キリ材で造形した獅子頭に色づけする体験、ミニ太鼓づくり体験なども賑わい、昨年に続いて市民の皆さんに理解を深めていただいたことは大きな収穫でした。後押ししてくださった白山市、文化振興課、産業部商工課、観光課の皆さんも、どうもありがとうございました。

 0122.2022.a23.jpg 0120.2022.a21.jpg 0121.2022.a2.jpg

0121.2022.a10.jpg

 さて、今日は1月21日。私の75回目の誕生日です。昨年は、永年にわたって手をかけて育てあげた「太鼓の里」をあけ渡すなど激動の年で、精神的に動揺した日々もありましたが、今となっては移転した「太鼓の泉響和館」にすっかり落ち着き、穏やかな気持ちで誕生日を迎えることができました。別の言い方をすれば、新たな気持ちで誕生日を迎えたわけで、今日からまた新しい人生が始まるような心地です。そこでこの再生の誕生日にちなみ、私の人生のこれまでのこと、これからのことを、整理しながら連載という形でまとめてみたいと思います。このブログを愛読くださっている皆さん、しばらくおつきあいいただければ幸いです。タイトルは「昭利の一本道」。皆さま宜しくお願いします。

「昭利の一本道」 https://www.taiko.or.jp/akitoshi/

| コメント(0) | トラックバック(0)

2022年1月 8日

新年おめでとうございます

 2022年、明けましておめでとうございます。

皆様、穏やかな新年をお迎えのことと思います。

 元日に子供たちや孫と初詣、昨日は「太鼓の泉響和館」スタッフとともに白山比咩神社にお参りし、今年一年の安寧と健康を祈願してきました。世はコロナ感染の第6波発生よりにわかに不安感が募りつつある今日このごろですが、私たち一人一人が自分にできる万全の予防対策をおろそかにせず、無事にこの一年をのりきっていきたいものです。

0108.2022.a1.jpg

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年12月27日

年末のごあいさつ

 北陸は昨夜から数年に一度という大寒波に見舞われ、今朝は見渡す限り一面の雪景色。滋賀県や福井県では国道で自動車の立ち往生が発生して大変な状況になっている様子。しかし反面、昨年に続いてコロナという暗雲に包まれていた今年一年をすべて真っ白な雪で包み込み、浄化してくれるような雪景色はいかにも年末にふさわしい風景のようにも思われます。

 私自身、波風多かった今年一年、たくさんの皆様のお力添えと励ましに支えられ、後顧の憂いなく新年を迎えようとしています。本当にありがとうございました。皆様もどうぞ佳い年末年始を迎えられ、新年も引き続きよろしくお願いいたします。

 書き終わったところで嬉しいニュースが入ってきました。

1227.2021.1.jpg

 友人である横浜赤れんが倉庫館長 小野晋二さんが、文化芸術を通じてべルギー国と日本国の関係発展に貢献された評価でベルギー国から「シュバリエ章」勲章を受賞されました。おめでとうございます。令和3年の最後に明るいニュースをお届けいたしました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年12月20日

今年、心に残った本

 いよいよあと十日あまり。怒濤に揉まれたような2021年が、まもなく幕を下ろそうとしています。今年はいつにも増して月日の流れが速かったような。年のせいか、コロナのせいか、思いがけない係争のせいか、、、。いずれにしても、あっという間の一年だったように思います。

 そうした日々の中でも読書欲は衰えず、年末にあたってこの一年の間に強く心を動かされた3冊の本を紹介します。

1220.2021.a20.jpg

 まず1冊目は、今村翔吾の「塞王の楯」。鉄砲鍛冶の集団「國友衆」と石工の集団「穴太衆(あのうしゅう)」との相克の物語で、どんな鋼も石も貫くような鉄砲の製作に命を燃やす鉄砲職人と、どんな鉄砲の弾にも砲弾にも砕かれることのない城壁の建築に執念を燃やす石工職人たちとの、いわば「鉾」と「楯」の戦いが展開される。鉄砲鍛冶たちの努力により、伝来してからわずか数十年のうちに連射式の鉄砲が開発された恐るべき探究心や、石工たちの石の伐り出し、石の「目」を見極める目、石を削る技術、石積の方法、最も重要な「要石」の話など、次々に興味深い記述が続き、自分も52年にわたってものづくりに従事してきただけに、読み進むほどに体が熱くなるような興奮を覚えました。

1220.2021.a40.jpg

 2冊目はヒュー・マクドナルドの「巡り逢う才能 音楽家たちの1853年」。1853年の春から翌年にかけてのわずか10カ月間を舞台に、音楽の長い歴史の中でのほんの一瞬といえる時間の中で、ベルリオーズやリストやヴェルディ、ワーグナー、ブラームスら、音楽史上名だたる音楽家たちの活動や交流や楽曲が誕生した経緯などが描かれている。まさにこの時代だったからこその人間模様の面白さ、出会いの面白さにひきつけられ、一気に読んだ1冊でした。

 そして3冊目はヨアヒム・ラートカウの「木材と文明」。人類が木材を利用して数千年、人間が、現在まで生き延びてきたのは、ひとえに「木材」の恩恵があったから。人類は木材によってさまざまな道具をつくり、人類絶滅の危機が訪れた氷河期などの気候変動の中でも木材を燃やして暖をとり、木材でつくった家で外敵から身を守り、やがて木材を使った車輪を発明したことで人や物の輸送を容易にし、文明がいっきに進化。とにかく木材は人類にとっていかに重要なものかということが、壮大なスケールで語られています。しかし、その木材は、今後どのような道をたどるのか。地球環境の悪化が叫ばれている今、木材に対する考察は誰にとっても大いに関心があることではないでしょうか。皆さんにもぜひお読みください。

1220.2021.a.10.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年12月 3日

それぞれの太鼓に歴史あり

 

 12月1日に愛知県県内に太鼓をお納めし、ほっと安堵して迎えた師走。令和3年も残すところあと29日となり、なんとなく年の瀬の慌ただしさを感じています。

 さて、先週末の26日、「鼓童」の40周年記念公演へ。振り返れば今から40年前の12月、深夜に突然故河内ハンチョウが訪ねてこられ、ヨーロッパ公演のために太鼓一式つくって欲しいと。あれから40年、そしてその10年前に「佐渡の國鬼太鼓座」代表だった故田耕氏が同じセリフで訪ねてきてから50年。あっというまに過ぎ去った歳月の早さにあらためて驚くとともに、太鼓を舞台に上げてようやくここまできたという感慨が押し寄せ、鼓童の舞台を見ながらこの芸能をさらに成長させ、次の世代に伝承せねばという思いを強くしたひと時でした。

1203.2021.a1.jpg 1203.2021.a4.jpg

 翌27日は、伊勢の「第19回神恩感謝日本太鼓祭」へ。昨年はコロナにより中止されただけに、今年は太鼓を待ちかねた人々で予想以上の賑わい。日本中の尊崇を集める伊勢神宮を間近にした独特のロケーションの中、太鼓の際で豪快なパフォーマンスを楽しむ人、少し離れてしみじみと太鼓の響きにひたる人、太鼓の躍動感に合わせておかげ横丁を闊歩する人など、それぞれの楽しみ方をしている風景を眺め、この太鼓祭は伊勢のこの地だからこそ根づいた太鼓文化だと一人納得して帰途につきました。

1203.2021.a2.jpg 1203.2021.a3.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年11月24日

高校生の太鼓に未来への希望

 

1124.2021.a1.jpg

 さる13日に滋賀県で開催された第41回近畿高等学校総合文化祭滋賀大会の郷土芸能部門では、コロナの感染対策にだいぶご苦労されたご様子ながら、それぞれの出場団体の演奏終了後に代表者2人が緞帳の前に立って講師の講評を聞くという新しいスタイルでおこなわれました。今回、私はただ一人の講師として参加(助手に浅野響葉)しましたが、ここまで50余年にわたって続いた太鼓文化が、高校生といえどもしっかりと地域に根付いている印象を新たにしました。たとえば倉吉の高校では郷土色豊かな曲調がなんともノスタルジックな雰囲気をかもし、太鼓の原点はそうした地方色を大切にすることから始まるのかも、と一人うなずきつつ、またある高校は長胴、桶胴、締太鼓など数種の太鼓を上手に組み合わせて音の風景を紡いだりと。それぞれにレベルの高い演奏を聴かせていただきました。高校生の部活といえば活動期間はたった2年間ですが、その短い間にも真剣に太鼓に立ち向かう部員の皆さんと顧問の先生の努力を間近に感じ、この文化が日本に末永く受け継がれていくことを確信した一日。本当に良い舞台に立ち会わせていただき、関係各位に感謝、感謝でした。

1124.2021.a2.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年11月12日

神戸、島原への旅で思ったこと

 

1112.2021.a3.jpg

 このところ新型コロナの感染がだいぶ沈静化してきたことに勇気を得て、久し振りに遠出しました。まずは11月6日、神戸で「和太鼓松村組」の公演「伝承」へ。太鼓界もここ2年近くは公演を控えることが多かったので、どんな舞台を見せてくれるか期待満々。近年は公演タイトルにわかりにくい言葉を使うことが多い世の風潮の中、さすが松村さん、いかにもストレートにコロナ禍の中で沈殿していたものをすべて吐き出すかのような密度の濃さ。こうした「松村色」をなんとしても次の世代に伝承しようという意気込みが感じられる構成に感動。コロナ禍を経て、今後どのように太鼓文化をつないでいけるか私自身思うことが多い日々ですが、今は楽器店を離れてこれまでとは違う目で舞台を見ることで、また今後の方向をしっかり見定めたいものです。

1112.2021.a4.jpg

 翌7日は、長崎県島原市で社会福祉法人南高愛隣会の「故田島良昭顧問を偲ぶ会」へ。去る8月2日、病により活力あふれた76年の生涯を閉じた氏の人脈の広さはすでに多くの人々が知るところで、偲ぶ会には最高検察庁検事総長はじめ蒼々たる名士が居並び、代表献花は元厚生労働事務次官の村木厚子氏。振り返れば45年前に障害をもつ人々のための施設「南高愛隣会」を立ち上げ、理事長として理想の施設づくりを目ざして東奔西走、一つの時代を駆け抜けた田島氏の功績を思うと、このように惜しまれる花道はいわずもがな。それに引き替えるのもおこがましいながら、我が身のなんと小さなこと。せめて氏の残した「身を焦がし 一隅を照らす 蝋燭に」の言葉を胸に刻み、私も胸に小さな蝋燭を灯そうと決意したひと時でした。田島顧問、どうかやすらかにおやすみください。

1112.2021.a2.jpg 1112.2021.a1.jpg 

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年11月 3日

「太鼓の泉 響和館」いよいよ開館!

 2021年11月1日月曜日、大安吉日、天気予報は曇りのち快晴。

1103.2021.a3.jpg

 本日、「太鼓の泉 響和館」開館しました。私の人生の新たな出発です。

 早朝、崇敬する白山比咩神社に毎月恒例の「おついたち参り」。1988年の建設以来私の砦としてきた「太鼓の里資料館」と別れ、新たに「太鼓の泉響和館」を立ち上げたことを神前に報告。これから何年、何が成せるかわかりませんが、とにかく振り返った時に「やってきてよかった」と笑って言える時間の積み重ねとなるよう祈りました。午前11時、同神社から響和館に出向いてくださった神官の修祓に続き、威勢良く焱太鼓の祝い太鼓。

1103.2021.a5.jpg 1103.2021.a6.jpg

1103.2021.a7.jpg 1103.2021.a8.jpg 1103.2021.a9.jpg

1103.2021.a1.jpg 1103.2021.a4.jpg 1103.2021.a2.jpg

遠路、早朝に祝いにかけつけてくださったたくさんの方々とともに聴き入る太鼓の音色は、常よりじんと胸に染みわたりました。ここに至るまでの二年あまり、多くの方々からさまざまなお励ましをいただいたこと深く心にかみしめ、終生忘れ得ない一日となりました。ただただ感謝あるのみです。どうかこの響和館を、末永くよろしくお願いいたします。

1104.2021.a1.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年10月 6日

太鼓集団天邪鬼35周年記念公演

 

0913.2021.3.jpg

 9月10日、「太鼓集団天邪鬼」の35周年記念公演「情熱」が、練馬文化センターで開催されました。コロナ禍の中、入場制限5割ではありましたが、その5割がほぼ満席となり、ほっと安堵。35年前、集団立ち上げの際、代表の渡辺洋一さんから「天邪鬼」という名称を聞いた時に、一般的に使われる「あまのじゃく」、つまり「ひねくれ者」という意味が頭に浮かび、どうしてそんな思いきった名にしたのか首をひねったものでしたが、今思えば渡辺さんなりの哲学が集団名に込められ、こんにちまで第一線で活躍されてきたのでしょう。

0913.2021.2.jpg

 この日の舞台は渡辺さんの正確無比な地方(ジカタ)に支えられ、35年にわたって天邪鬼を背負ってきた小川ひろみさんの大太鼓打ち込みが冴え、二人の気迫がひしひしと感じられる2時間。どうかこれからも渡辺さんの他の追随を許さない曲づくりと、優れた指導力、そして小川さんの女丈夫を活かし、ますますご活躍されるよう願ったひと時でした。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2021年9月25日

若者の成長に驚きと期待!

 

0924.2021.a1.jpg

 先日、何気なくチャンネルを合わせたテレビのBS放送で、たまたま放映していたのが19789年に公開された映画「柳生一族の陰謀」。8月に新型コロナに感染して亡くなった千葉真一さんをはじめ、萬屋錦之介や丹波哲郎、志穂美悦子、真田広之など懐かしい俳優陣が登場。中でも2003年には「ラストサムライ」にも出演された真田広之さんのその後の成長ぶりに、人間はこれほど成長するものだと感動したひと時。また千葉真一さんといえば、1986年に新宿コマ劇場での「We Love JAC」公演で桶太鼓を6〜7台並べて渡り打ちをするシーンがあり、千葉さんを指導した「北海太鼓」の坂井猛志さんに誘われて公演にお邪魔したことも、今は懐かしい思い出。太鼓を愛してくださった俳優さんがまた一人彼岸に行かれたのは寂しい限りです。

 そしてもう一つ、テレビで得た情報で恐縮ですが、19日に放送されたフジテレビの「ミライモンスター」で、高校生のダンスの巧みさにクギづけ。全国ダンスコンクール優勝最多高校のダンス部員の活動を追った番組で、彼女たちの表現力や身体能力の高さは驚くばかり。ここでも若者の進化を見せつけられた思いです。そして太鼓の世界にもこうした若者たちが現れ、太鼓のバフォーマンスをさらに百歩も千歩も進化させてくれることを期待するばかりです。

| コメント(0) | トラックバック(0)