最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

アーカイブ

2022年11月 9日

オセアニア太鼓会議のこと、そして悲しいお知らせと嬉しいお知らせ

 

1109.2022.a12.jpg

 10月24日から11月1日までの日程で、オーストラリアのメルボルンで、オセアニア地域で初めての「オーストラリア&ニュージーランド太鼓カンファレンス2022」が開催されました。日本からはゲストとして鼓童の斉藤栄一さん、焱太鼓の浅野町子、そして私もカンファレンスを共同で主催するメルボルンの非営利団体Taikokoro の綱澤綾子さんのお世話で、太鼓の歴史や構造に関する講話と革張りのデモンストレーションの機会をいただきました。現地の人々と親しく交流して感じたのは、オセアニアの地に確実に和太鼓が根づいていること。それは綱澤さんたち先駆者の努力にほかならず、あらためて頭のさがる思い。革の浸水加工など準備期間も含めて1週間の滞在は、大変充実した日々。綱澤さんご夫婦、ありがとうございました。

1109.2022.a2.jpg

  その間、日本からは思いがけない悲報。およそ40年にわたり公私ともに教えをいただいた日本総合音楽研究の会長畠山國彦さんが逝去されたとのこと。世はまさにマーチング全盛の1980年代初頭、あえて日本太鼓を広めたいと、幼児用の平胴や桶胴を開発し、注文をたくさんくださった畠山会長のご英断に驚きつつ、以後も豪放磊落、明朗闊達なお人柄に強く惹かれ、海外への旅にも同行させていただいたことなど、懐かしい思い出の数々。会長の先見の明により、台湾、日本国内に、今となれば確実に太鼓の裾野は広がり、太鼓界にとってはまさに功労者。その大きな背中を思いつつ、帰国後、ただちにご焼香へ。師を失った寂しさは募りますが、96年の生涯を見事に全うされた会長に、心からのねぎらいの言葉を捧げたひと時でした。 (写真上: 故畠山國彦さん中国 西安にて)

1109.2022.a10.jpg.jpg
 明けて3日の文化の日。今度は目の前がパッと明るくなるような嬉しい知らせ。秋の叙勲により、林英哲さんが旭日小授章を受賞されたと。佐渡の國鬼太鼓座以来、長い間英哲さんを見つめ、太鼓文化の功労者としてこれ以上の人はいないと感じていた者として、これ以上嬉しいことはありません。本当におめでとうございます。メールで英哲さんから授章のお言葉をいただきましたが、これもまた胸を打つ文で、やはり一芸に秀でた人のお考えは、私などには遠く及ばないものだということを今さらながら実感している今日このごろです。

 

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

2022年10月22日

ついに大沢勉さんとの約束を果たす

 去る16日、滋賀県米原市の伊吹薬草の里文化センターで、当財団所属の焱太鼓と、鼓童メンバーによる太鼓コンサート「祭・息づく太鼓」が開催されました。かねてより焱太鼓を熱心に応援くださっていた公益財団法人びわ湖芸術文化財団の元理事・大沢さんが、一度はご当地で開催したいと熱望されていたコンサートでしたが、その大沢さんは残念ながら今年4月にご逝去。はからずも、追悼コンサートとなってしまいましたが、会場のあちこちから「大沢さんにも見せたかった」の声が聞こえ、本当にたくさんの人々に慕われていた大沢さんのお人柄があらためて胸にせまりました。

   1022.2022.a1.jpg

 大沢さん、ようやく実現できました。このうえは、どうかやすらかにおやすみください。

 帰途、伊吹山山麓の神社で、奉納神楽に遭遇。道行きの太鼓のリズムはなんとものどかで心打たれ、近年の太鼓のせわしないリズムのむなしさが思われます。コロナ禍により多くのことがらの価値観が変化してきた今、太鼓の世界もこのあたりで「温故知新」してみてもよいのでは?

 さて、24日、オーストラリアで開催される「オセアニア太鼓カンファレンス」に出発します。私の任務は太鼓の文化についての講演と、革張りのワークショップ指導。現地のさらなる太鼓文化の発展を願い、頑張ってきます!

| コメント(0) | トラックバック(0)

2022年8月18日

しばし酷暑を忘れて

 去る9日、鹿児島県霧島市の「天孫降臨霧島九面太鼓保存会」創始者であり名誉会長だった脇元勝巳さんが、81歳で逝去されました。保存会設立から50年、11日の通夜、12日の葬儀ともに脇元さんをしのぶ多くの人が参列され、あらためて脇元さんの功績の大きさを目にした思いでした。

0818.2022.a2.jpg

 私が初めてお会いしたのは昭和53年、霧島に伝わる天孫降臨神話などを元に太鼓で郷土芸能を立ち上げ、いつ、いかなる時も「九面太鼓」の文字を大きく刻んだ5尺の大太鼓で霧島をアピールされていた姿は忘れられません。そうした努力の甲斐あり、保存会がいち早く霧島市の無形文化財に指定されたのは、やはり先見の明を持ち合わせていたからでしょう。もちろん音づくりにもこだわり、革張りの際には細かい注文をいただいたり、太鼓界で初めて4トントラックを改造して舞台をつくって驚かされたりと、誰にも先がけて九州に太鼓文化の礎を築かれた人でした。近年は体調が思わしくなくお目にかかる機会も少なくなっていましたが、脇元さんのご逝去は、まさに「霧島の巨星落つ」で、「残念」のひと言。今はただ残されたものの大きさを讃えつつ、心よりご冥福をお祈りするばかりです。 

0818.2022.a5.jpg 0818.2022.a3.jpg 0818.2022.a4.jpg

 一日置いて、14日は岐阜羽島で秀明太鼓のコンサート。日ごろより指導されているのは人間国宝で笛奏者の藤舎名生先生。この日も作曲・演出・構成を一手に手がけられた舞台は、宇宙と人間とのかかわりまでも彷彿とさせるような壮大な響き。最後の曲が終わり、緞帳が下りたあともじわじわと心にしみるような余韻を感じ、世の中にさまざまな主義・趣向の太鼓がある中で、「これぞ大人の太鼓」と思わせる舞台でした。皆さん、お疲れ様でした。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2022年8月 4日

エクスタジアで、あらためて太鼓の奥深さに新鮮な感

 今年の「白山国際太鼓エクスタジア2022」を終えて2週間。実施直後の胸の高まりが鎮まり、ようやく客観的にステージを振り返ることができる今日このごろ、今またあらためて太鼓の面白さを実感しているところです。

 今回は二部構成の第一部に「林英哲コンサート」、第二部に「千響繚乱」として県内外の6団体が競演するというプログラム。英哲コンサートはいわずもがな、ますます芸に深みが感じられる演目「澪の蓮」は、まさに「ぐうの音」も出ない見事さ。先般、アジアにおける著名な活動をした文化人に贈られる、大変権威のある「福岡アジア文化賞」の、しかも「大賞」を受賞されたことがいかにも納得できる無二の舞台。第二部では、地元の青少年チーム「和太鼓サスケ」に続き、隣接する川北町の「手取亢龍若鮎組」ともに、一心に太鼓に向かうこどもたちのひたむきさに胸を熱くし、さらに能登の「鵜浦豊年太鼓」、手許の「焱太鼓ユニット」、そして福井県越前町の「OTAIKO座明神」、父子4人で絶妙の技のコンビネーションを見せた「三宅島芸能同志会」まで、それぞれの個性豊かな芸にどっぷりとひたった90分。中でも海の神と山の神に一年の豊穣の祈りと感謝を捧げた祭り太鼓の、底抜けの陽気さと力強さ、人間臭さのあふれた太鼓は新鮮で、まだまだ各地に面白い芸が眠っていることを見せつけられた一幕でした。

IMG_8717.1.jpg

 明年のエクスタジアは、石川県が会場となる第38回国民文化祭「いしかわ百万石文化祭2023」における白山市のシンボル事業として、11月5日に開催します。また新しい切り口から太鼓をお見せできるよう工夫していきますので、ぜひお越しくださるようお待ちしています。

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

2022年7月21日

「老齢の青春」に励まされ

 

0721.2022.a1.jpg
 奈良県広陵町を拠点に活動を続けておられる「舞太鼓あすか組」さん。今年で設立30周年ながら、コロナ禍により記念公演が実現できず、30年間の活動の軌跡を追った立派な記念の冊子を編纂されて、このほど手許に届けて下さいました。 

 代表の飛鳥大五郎さんは、今年古希を迎えられ、現在の心境を「老齢の青春」と表現されています。このコロナ禍をチャンスととらえ、3年の間、作曲はもちろん、舞台構成や衣裳のアイデアなどの研究を重ね、やがてくるコロナのない時代に新たな舞台をつくっていこうという意気込み。相変わらずの前向きな姿勢にふれ、私もここは「ふんどしを締め直して」頑張らねばと、元気づけられた出来事でした。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2022年7月 2日

完全な太鼓の埴輪が出土のニューㇲをみて

まず、驚いたのは、西暦500年代の古墳時代に太鼓の鋲が打ってあった事、鉄文化の渡来と太鼓の鋲の技術の進化に驚きました。鉄鉱石の熔解温度は1200度。鉄鉱石を見つける眼力、石炭の発見 炭の製作等々、、熔解点の1200度に達するには、石炭→コークス,炭クヌギ 炭コナラ等を使っての熔解、設備には「炉」が必要と思われる。

太鼓の鋲の型をするには彫金の技術と太鼓鋲の傘と釘をろう付する知識と技術等が完成されていた。弥生時代の銅鐸にも溶接の跡がみられる。

0702.2022.a2.jpg0702.2022.a3.jpg

  中国の「三星堆積遺跡」から大量の青銅器遺跡が見つかっており、紀元前2500年前に溶接が用いられた。母材と母材の間に溶かした溶加材を流し込む鋳掛けという方法とみられる。太鼓鋲製作に鋳掛けが使用されていたと思われる。この当時は高度な最先端の技術でおそらく高貴な方の品だと推測されます。革について、なめし技術は4世紀頃に百済の工人が渡来して教えたとされています。胴の切削技術は鉄文化の完成にによりヒジリ等の刃物があったみられ、掘りは容易だったと推測されます。   

0702.2022.a4.jpg 0702.2022.a1.jpg

 どちらにしても、私が驚いたのは太鼓鋲が打ってあった事でした、革縁を長くして革の緩み抑える発想、胴の口径と長さの比率にも、興味深々です。私の想像ですが、黄金比率、古代ギリシャ紀元前490年頃に数学者「ユークリッド原理」の中で定義が書かれています。海を越え古代日本に伝わってきたのかなと、夢を膨らませていす、勝手な空想ですが、、、

| コメント(0) | トラックバック(0)

2022年5月31日

林英哲さん、「福岡アジア文化賞」大賞ご受賞おめでとうございます!

 このたび、林英哲さんが「福岡アジア文化賞」を受賞された。しかも、同賞の中でももっとも顕著な功績をあげたと認められる人に贈られる「大賞」だ。受賞の一報をいただいた瞬間、まず胸をいっぱいにしたのは、ただただシンプルに「よかった!」「嬉しい!」という二つの思いだけだった。

0531.2022.a1.jpg

 

 福岡アジア文化賞は、アジアの固有かつ多様な文化の保存と創造に顕著な業績をあげた個人または団体に送られる賞で、直近の知られる例ではアフガニスタンで銃撃されて亡くなった医師の中村哲さんが同じく大賞を受賞されている。英哲さんの大賞受賞理由として、「伝統に根ざした太鼓文化を基盤としつつ、新しい所作の力強さと美しさを伴うまったく新しい舞台芸術として太鼓の表現を飛躍的に発展させ、今なお独創的な表現の追求と完璧なパフォーマンスの実現にたゆまぬ努力と情熱を注ぎ続けている」と述べられており、まさに現在の太鼓界において追随する人のない域に達した英哲さんにふさわしい賞と納得している。
 英哲さんとの交流は、佐渡での集団生活以来、50年におよぶ。その間、英哲さんがどれほどの艱難辛苦をくぐり抜け、どれほどの悔しさに耐え、どれほどの努力を重ね、どれほどの愛情と情熱を太鼓にそそいできたか、私なりに理解している。それゆえただひと筋の孤高の道を、脇目もふらずにあゆみ続けてきた結果の今回の受賞が何よりも嬉しい。それは私個人の嬉しさであると同時に、太鼓文化にとっての誇りでもある。
「英哲さん、大賞のご受賞、本当におめでとうございます」。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2022年4月27日

好評のうちに「第2回かつぎ桶バトル」を終了

 

 去る24日、「第2回かつぎ桶バトル」を開催しました。コロナの流行に阻まれて2019年以来の開催でしたが、そのぶん「待ちに待った!」という熱気が感じられ、トーナメント方式の勝ち抜き戦はなかなか見応えのあるバトルの連続。

 かつぎ桶は、今や太鼓演奏の主流を占めるほどの普及ぶりで、演奏形態も団体から個人まで自由な編成。今回のバトルでは初戦を勝ち抜いたチームが2回戦、3回戦へと勝ち進む中、同じ曲を繰り返し演奏するチームもあれば勝ち進むごとに曲を変えるチームもあり。どちらにせよ、そのたびにどんどん演奏が良くなっていくのが聴いていてとても嬉しく、この先もう一歩も二歩も演奏技術の進化が期待される予感。関東や九州など遠方からの参加もいただき、あらためて御礼を申し上げます。   

  0427.2022.a5.jpg

0427.2022.a1.jpg 0427.2022.a3.jpg 0427.2022.a4.jpg

 また開催にあたっては、金沢市の財団ならびに石川県の振興基金の助成をいただき、感謝しています。こうして多くの皆さんのお力をいただきながら、この文化がいつまでも続くよう願った表彰式でした。

| コメント(0) | トラックバック(0)

2022年4月11日

新しい年度を迎えて

 3月末の年度末から4月1日の年度初めと、この時期、多くの事業体では新しい年度を迎えたことと思います。我が太鼓の泉響和館も、3月27日には一般財団法人浅野太鼓文化研究所が主宰している太鼓教室の発表会「いま響きが風になる」を開催。22の教室の受講生の皆さんの演奏と、「鼓童」名誉会員である藤本吉利さん、新潟を拠点にソロ活動を展開されている松本悠斗さんのお二人の講師のソロ演奏を加え、全部で24のステージで一年間の稽古の成果を発表しました。皆さん、とても生き生きと舞台に立たれ、良い年度納めの舞台となりました。

0411.2022.a1.jpg 0411.2022.a2.jpg 0411.2022.a3.jpg

 月が明け、4月2日は東京の太鼓の里響和館の閉館。15年にわたって愛用してきた太鼓など備品の運び出しには、都内はもとより愛知県からも応援に駆けつけてくださった打ち手の方々もいて、本当に助かりました。ありがとうございました。何もかも運び出し、空っぽになった館内は寂しくもあり、ただ静かに次の主の訪れを待っているようでもあり、立ち去りがたい思いもしましたが、これで館長の町子もまっさらな気持ちで新しい年度に活動の場を築いていけることでしょう。これからは白山市の太鼓の泉響和館を拠点に、財団スタッフ一同、新鮮な気持ちで邁進していきます。5月にはしっかりと態勢を確立し、新たな試みにも挑戦していく予定ですので、どうか皆さんの応援をよろしくお願いします。

0411.2022.a4.jpg 0411.2022.a5.jpg 0411.2022.a6.jpg

0411.2022.a10.jpg 0411.2022.a11.jpg 0411.2022.a13.jpg

 なお、4月24日、かつぎ桶太鼓を使った勝ち抜き戦「かつぎ桶バトル2022」を、29日には白山市主催の「いしかわ・白山 風と緑の音楽祭2022」の一環として「焱太鼓の夕べ」が開催されます。春の一日、ぜひ太鼓を楽しみにおいでいただければ幸いです。会場でお待ちしています。

0411.2022.a7.jpg 0411.2022.a8.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

2022年3月12日

二日間にわたって太鼓を堪能

 

0312.2022.a1.jpg

 去る5日、東京拠点の「太鼓の里響和館」による受講生の発表会「響和祭2022」が開催されました。響和館については、東京の皆さんに石川の太鼓の音を知っていただきたいとの思いで15年前に開館したのですが、お陰さまでその思いがほぼ達成されたのと、長引くコロナ禍により教室を維持することが難しくなったこともあり、今月末をもって閉館することに決めたことはすでにお知らせしたかと思います。ということで、今回の発表会は、最後の響和祭。と同時に、15年にわたる受講生と講師の皆さんのご愛顧への感謝の思いを精いっぱいにこめた私の15年分の感謝祭でもありました。

0312.2022.a3.jpg0312.02022.a6.jpg

 閉館を惜しんでくださるたくさんの受講生の皆さん、そしてご多忙の中を何年も指導に携わってくださった講師の先生方。どの顔も稽古の成果を発表する晴れやかさと、別れを惜しむ寂しさが半々に見て取れ、舞台はなんと、47演目7時間半にもおよぶ熱演。炎太鼓の演奏で幕を開け、梅村美穂子先生、小川ひろみ先生、柿崎竹美先生、金子竜太郎先生、小島千絵子先生、地下朱美先生、高田淳先生、田川智文先生、津村明男先生、津村和宏先生、富田和明先生、林幹先生、原美津子先生、藤本吉利先生、村山二朗先生、山中信人先生、横山亮介先生方の演奏、それに応援演奏に駆けつけて頂いた、「天邪鬼」渡辺洋一さま、「鷹」塚本鷹さま、スタッフの皆さま、裏方のみなさま有難うございました。

0312.2022.a2.jpg

 終演後には皆様さまが太鼓の片付けまでお手伝いくださった念のいれよう。皆さん、本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。響和館はまもなく閉館しますが、響和館をきっかけに太鼓の面白さに目覚めた人々も多く、ここで培った太鼓文化はこれからもこの地で発展していくことを確信しています。どうか太鼓の「熱」を忘れないでいてください。

 最後に、15年間館長として運営と指導に奮闘した浅野町子に、心からの「お疲れ様」の言葉を贈ります。「よくやってくれたね!」

 翌6日は静岡県の御殿場に向かい、「富岳太鼓」の公演へ。17の社会福祉施設を運営する社会福祉法人「富岳会」の関係者により結成された富岳太鼓は、今年で創立45年。富岳太鼓が実施する指導者認定をクリアーしたインストラクターを中心に構成するプロチームの「雷神組」と、富岳会の和太鼓療育活動で顕著な効果を表した、知的障がいのある方々で構成する「竜神組」、そして富岳太鼓が主催する太鼓教室のオーディションで選ばれた4歳から高校生までの子どもたちによる「風神組」で構成され、公演の規模は年々大きくなってきています。コロナにより、公演にお邪魔したのは3年振りですが、たくさんの演目の中で、今回はとくに「竜神組」の演奏に胸が熱くなりました。障害をもつメンバーの打つ太鼓は、まろやかな音が心を通り抜けていくような素直さに満ち、決して強くはない音圧が、じっくりと胸にしみるような心地でした。ここまで指導された山内剛理事長の熱意に頭がさがります。

0312.2022.a4.jpg 0312.2022.a5.jpg 0312.2022.a10.jpg

 舞台最後の演目は「疾風迅雷」。締太鼓、長胴、桶胴、大太鼓の音のバランスが絶妙で、打ち手たちのただ「太鼓を打ちたい!」という一筋の意志がしっかりと伝わってきました。まさに「太鼓を堪能した」3時間の公演でした。皆さん、お疲れ様でした。

| コメント(0) | トラックバック(0)