最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

ブログ記事アーカイブ

2016年6月13日

太鼓のご縁で、多くの皆さんと出会える幸せ

IMG_3124-1.jpg

 相変わらず旅の多い日々を過ごしています。

 先月は、熊本・大分で震災に遭われた皆さんを見舞った後、次は一路北海道へ。登別で今年太鼓歴50年を迎えた近藤則文さんの「太鼓道50年祝賀会」。北海道全域に今もその名をとどろかす「北海太鼓」で大場一刀さんの薫陶を受けて以来、今は登別の湯宿「第一滝本館」で「いでゆ太鼓」として太鼓を打ち、ますます意気軒昂の近藤さん。

 大きな節目を迎えて、晴れ晴れと嬉しそうな近藤さんの顔を見て、こちらも嬉しくなりました。祝賀会では懐かしい皆さんにもお会いでき、心なごんだひと時。考えてみれば、私もこの道50年近く、その間、なんと多くの人に出会って教えをいただいたことか。人との出会いのありがたさを、あらためて心に刻んだ登別の旅でした。

 翌14日(土)は九州飯塚市で全九州太鼓連合総会に出席、個性豊かでエネルギッシュなパワーに圧倒され続けた3時間でしたが、底に流れる「義」を共有している皆さんに羨望でした。

 15日川崎市で第8回響和祭発表会へ、館長のMACHIKOの一生懸命さに感心。 来館されましたお客様、各教室の先生、生徒の皆様、また、支えて下さったスタッフの方々に感謝とお礼申し上げます。

 翌週の愛媛、高知への配達の旅を経て、今月最初の週末は島根県へ。太田市の青年会議所から講話のご依頼をいただき、ふつつかながら「継承」というテーマでお話させていただきました。迎えてくださった会議所の皆さんは、いずれもまじめな好青年ばかり。しっかりと地に足をつけて将来展望している様子が見てとれ、ゆくゆくはさぞや立派な経営者になる予感がしました。

IMG_3041加工.jpg

メンバーのみなさんとの懇親も深まり、これもまた良い旅となりました。石見銀山天領太鼓は来年結成30周年を迎えられるとのことで、記念公演の稽古にも熱が入っている様子。

今から楽しみにしながら、出雲をあとにした初夏でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asano.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9902

コメントする

| コメント(0) | トラックバック(0)