最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

ブログ記事アーカイブ

2016年7月28日

「やって良かった」の手応え

 17日、23回目の「白山国際太鼓エクスタジア」を終えました。1993年にスタートしてはや23年、我ながら、それなりに成熟した舞台になってきていると自負しています。

img-728111601-0001.jpg

 今年は第1部の「伝える響き」、第2部の「林英哲コンサート」ともに熱演が繰り広げられ、開幕しょっぱなから力強い男の太鼓を響かせた「愛宕陣太鼓連響風組」、味わい深い祭り囃子の「石崎豊年太鼓響友会」、多感な年代のまっすぐな音色が凜々しい「和太鼓つばき」、のびのびと島太鼓を打ち出した「大東太鼓北曙会」、メンバー一新にもめげず稽古の成果を見せた「サスケ」、躍動感あふれる「タツバンド焔龍」、女流太鼓の意地を見せた「炎太鼓」、そして太鼓絵巻を見るような林英哲と風雲の会による品格あふれる「澪の蓮+七星」と、それぞれに「さすが」の仕事ぶり。太鼓の「ありよう」をきっちり見せつけた充実した舞台は、まさに一見の価値があったと確信しています。

   さらに翌日、世界で初めての太鼓のための作曲コンクール「林英哲杯太鼓楽曲創作コンクール」の第一回を開催。太鼓界第一人者の林英哲氏がただ一人審査員となり、自身の目と耳で審査するコンクールに、どんな曲が選ばれるのか。この世界を創り上げ、作品づくりにおいては秀でた完成と才能を兼備している演奏者ならではの視点に興味しんしん。映像による一時審査を通過した18組の演奏曲に対し、「曲」「リズム」「打力」「創造力」「型」「アンサンブル」の6項目評価により、独奏作品部門青少年の部、独奏作品部門一般の部、団体作品部門の3部門から優れた楽曲が顕彰されました。受賞された皆さんの、本選に向けた稽古の奮励努力を讃えるとともに、今後の一層の成長を期待するばかりです。

img-728111615-0001.jpg

 また表彰式に続く林氏の講評にも含蓄が多く、太鼓にかかわりのある人にもない人にも、大きな感銘を与えたようです。こうしたことも含め、大変おこがましいことではありますが、「やって良かった」と、踏み出した冒険に大きな手応えを感じている今です。






トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asano.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/9932

コメントする

| コメント(0) | トラックバック(0)