最近のブログ記事

検 索

リンク集

タグクラウド

ブログ記事アーカイブ

2018年4月22日

さまざまな形で未来に続け、太鼓、太鼓

 新年度がスタート。うららかな春のある日、ヒダノ修一さんの息子さんの一彩くんと、林田ひろゆきさんの息子さんの高橋ルークくんが、偶然、我が社で鉢合わせ。二人の親はともに「東京打撃団」の元メンバーで、現在は独立されてそれぞれの道でご活躍中。そして一彩くんとルークくんはともに20代の若手太鼓演奏家。 そのルークくんも出演した千葉県の「成田太鼓祭」は4月14・15日の二日間。今年は会場である成田山の開基1080年御開帳記念と成田国際空港開港40周年、さらに成田太鼓祭の第30回記念大会という、めでたさ3倍の祭りとなり、出演団体も過去に例を見ない豪華65チーム。成田山新勝寺境内での合同演奏「千願華太鼓」には悲願の1080人参加を達成しました。30年前、発端は成田市観光協会会長の木下善貴さんが成田市活性化の手段としてスタートしたイベントで、太鼓関連イベントの中でも顕著な成功例として挙げられるべき祭り。一つの太鼓のありようを示すイベントとして大きく成長したと言えるでしょう。涙を浮かべながら感謝の言葉を述べる木下さんや、中心となって奔走された千葉県太鼓連盟の宮崎さん、越川さんの姿を見るにつけ、私も微力ながらお手伝いできたことを心から嬉しく思いました。

0422.2018.a2.gif 0422.2018.a1.gif

 さて、昨20日は、全社員参加で能登半島の「あさの山」の枝打ち作業を実施。2003年から植林事業を開始したケヤキ群はまだまだ幼い樹形ながら、100年、200年後には、きっと太鼓をつくれるほどに育ってくれることでしょう。そんな私の思いに手を貸して作業に励む社員のみんなに、あらためて「ご苦労さまでした!」。

0422.2018.a31.gif 0420_2018_a12.jpg 0420_2018_a10.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.asano.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/10371

コメントする

| コメント(0) | トラックバック(0)